ソーシャルメディアのつながりと出会いの接点

Sponsored Links

Facebook やTwitter、foursquare やGowalla など、
ここのところ話題の中心に上がることが多い『ソーシャルメディア』。

もちろん、自分自身含めビジネス思考でもろもろと考え、
切磋琢磨されている企業など、今後益々、様々な有効利用がされていくかと思います。

しかしながら、昨今のソーシャルメディア台頭の『面白い』ところとしては、
やはり、『人と人とのつながり濃くし、その接点の機会を増やした』ということだと思います。
※出会い○とかでなく..

自分自身も、某氏を通じて初めてお会いした方々もいますし、
そういった、リアルな出会いだけでなく、ソーシャル上やTL(タイムライン)を通してのやり取りなども含め、

全てが『つながり』、『出会い』といったものになるのではないでしょうか。

以前から、そういったWeb上でのつながりはあったのかと思いますが、
実名であったり、特になにかせずとも、かなり特定のできる状態でのやり取りであったりと、

うまく表現しがたいですが、以前のそれと比べても、少し感じ取り方、取られ方が違うように思います。
※だからちょっと、Twitter のユーザー名変えたいのですが..

冒頭で上げた、昨今のメジャーなソーシャルメディアも、
そういった『人とのつながり、出会い』を、一つの目的に掲げ、サービスを行っている企業ばかりだと思います。

プライバシー関連含め、色々な課題はあるのでしょうが、
場所、時間(?)、年齢、人種、性別などなど、人との繋がり・接点に対して様々な変化がさらに可能になることを期待してます。

やはり人はつながっていたいものですし、つながっているべきだと改めて感じたりと。

セカイカメラ のエアプロフ(ソーシャルメディア上のアカウントがオーバーレイされる)なども、
今後の使われ方次第では、やっぱり面白そうですよね。

リアルを通しての出会いが、さらにソーシャル上でなにかしらの交友につながるというのも、
タグ付けが主流の昨今、そこから派生していくものはもっと面白そうな気がします。

https://www.youtube.com/watch?v=jjBLeVWAJ74&hl=ja&fs=1

同記事内で紹介されいた動画も、ちょっとアレですがなかなか。

https://www.youtube.com/watch?v=XAOwo6uuhok&hl=ja&fs=1

[jp] セカイカメラがソーシャルコミュニケーションプラットフォームになる日

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください