Amazon Go レジのお会計待ちいらずでスマート

スマホにダウンロードしたアプリを入店時にかざすと、その後は自動で商品の購入を感知し退店時にはAmazonアカウントで精算がされるとのこと。

現在はAmazonの従業員にベータ版プログラムで公開されていて、ワシントン州のシアトルにあるAmazonの実店舗にて2017年初頭に一般に公開されるそうです。

最近はセルフレジなども普及していますが、店舗でのレジ待ちってほんとわずらわしいですよね。

現状でも安全面を含め、高齢者にも現金よりもクレジットカード利用を推奨していますが、こういった日常の中でのちょっとしたお買い物もキャッシュレスで可能になれば、利便性とともに現金を持ち歩かないということで防犯にもつながり、購入履歴を管理しやすくなり節約意識も高まるかもしれません。

AmazonはもともとECでの配送・在庫管理には卓越したノウハウや実績もあり、新たにそういった施設を用意する必要がある他のリアル店舗中心企業より、通常の在庫管理施設をそのまま実店舗へ流用するなど、企業としての優位性もありそうです。

生鮮食品の宅配サービスのAmazon Fresh(アマゾンフレッシュ)もありますし、EC(インターネット)としてのAmazonというイメージではなく、より身近なストアーとしてのイメージに変わっていきそうですね。

Amazon.com: : Amazon Go

ICカード(EMV カードシステム)対応 Squareリーダー

スマートフォンやタブレットなどでクレジットカード決済が簡単に行える「Square」。
最近増えてきたICカード(EMV カードシステム)へ対応可能なリーダーを購入してみました。

ICカード(EMV カードシステム)対応 Squareリーダー

注文は昨年だったのですが、出荷の遅延により年明けの先日到着。

ICカード対応の読み取り端末としては安値でコンパクトだそう。
機能的に必須のなのでしょうが、USBからの充電が必要のようで少しばかり手間が増えた印象。

ICカード対応 Squareリーダーの充電の様子

充電については初回で数分?程度で完了のようで、若干大きくなりましたが従来の磁気カードのみのクレジットカードについても対応可とのことなので、利便性は相変わらずですね。

SquareリーダーのICカード対応と磁気カードのみの大きさの比較

カードリーダーの価格は¥4,980ですが、2016年1月31日までに初回決済を行うと、ご購入合計額と同額までの決済手数料が還元されるキャンペーンも行われています。

EMV カードシステムについて

Square & EMV – より安全な決済方法を皆様へ。
ICカード対応 Squareリーダー: スタート ガイド
ICカード対応ステップ・バイ・ステップ ガイド(1) | Square Japanブログ
カードリーダー代金還元キャンペーン適用条件と、よくあるご質問

モバイル決済のSquareと顔パス支払いも可能なPayPal Hereとの比較

新規店舗でのカード決済についてご相談いただいたこともあり、いくつかあるモバイル決済のなかで自分ならSquarePayPal Hereの導入がおすすめかと思い、比較がてら少しまとめてみました。

現状ではPayPal Hereのカードリーダーの販売は一時休止のため、モバイル決済での比較も記載していますが、「顔パス支払い」だけでも便利ではないかと。

SquareとPayPal Here
項目
Square
PayPal Here

基本項目

ウェブサイト
Square
https://squareup.com/jp/
アプリ・リーダーの使い方
https://squareup.com/help/jp/ja/article/5123-square
PayPal Here
https://www.paypal.jp/here/
アプリ・リーダーの使い方
https://www.paypal.jp/jp/here/support/guide/
企業情報
https://squareup.com/jp/about
Square, K.K. c/o Square, Inc.
1455 Market Street San Francisco, CA 94103
三井住友カードと業務提携
Apple StoreとLawsonはSquareリーダーの販売パートナー
https://www.paypal.jp/jp/contents/corporate/corporate-info/
PayPal Pte. Ltd. 5 Temasek Boulevard #09 – 01 Suntec Tower 5 Singapore 038985
https:www.paypal.com.sg
ソフトバンク提携
eBay決済サービス
利用可能カード(カードリーダーの場合)
VISA、MasterCard、 American Express
VISA、MasterCard、 American Express
その他支払方法
リーダー読み取り以外の手入力(電話、インターネット注文など)
※決済時お客様サインは店舗側でOK
PayPalアプリによるチェックイン支払い
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/pay-with-app
※お客さん側でアプリ登録・利用
手数料・費用
Squareリーダーを使った場合3.25%
カード情報直接入力の手数料3.75%
https://squareup.com/jp/pricing
3.24%
https://www.paypal.jp/jp/here/fees/
その他費用
カードリーダー無料
初期導入費用無料
月額固定料無料
銀行振込手数料無料
カードリーダー オープン価格
初期導入費用無料
月額固定料無料
銀行振込手数料無料
機能
カードリーダー
POSレジ
データ分析ツール
https://squareup.com/jp/analytics
オンライン請求書添付
※レシートプリンターでのを印刷も可能。
オフラインモード
https://squareup.com/help/jp/ja/article/5095-
複数人での利用(代理人機能)
https://squareup.com/help/jp/ja/article/4937-
クラウド会計ソフト freee連携
レジ機能
SNS またはメールアドレス毎にレシートを送信
PayPal Here用モバイルプリンター
※レシートプリンターでのを印刷も可能。
商品/売り上げの管理とレポート機能
複数のカードリーダー使用可能(法人のみ)
PayPalアプリによる顔パス・チェックイン支払い
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/pay-with-app
https://www.paypal.jp/jp/here/support/guide/#tips_5
ソフトバンク・テクノロジー提供のサービスと連携
https://www.softbanktech.jp/service/list/mobile-perfect-sp/sales-management
銀行振込スケジュール
銀行振込手数料はSquareが負担。
https://squareup.com/help/jp/ja/article/3807-square
三井住友銀行もしくは、みずほ銀行の口座は、通常翌営業日に振り込み。その他の銀行は、通常週1回振り込み。
●三井住友銀行もしくは、みずほ銀行の口座の場合
カード決済受付日時 / Squareからの銀行振込
月曜日 深夜0時~23時59分 / 火曜日 正午頃
火曜日 深夜0時~23時59分 / 水曜日 正午頃
水曜日 深夜0時~23時59分 / 木曜日 正午頃
木曜日 深夜0時~23時59分 / 金曜日 正午頃
金曜日 深夜0時~日曜日 23時59分 / 月曜日 正午頃
●その他の銀行の口座
カード決済受付日時の一例 / Squareからの銀行振込
8月1日木曜日深夜0時~8月7日水曜日午後11時59分 / 8月9日金曜日正午頃
8月8日木曜日深夜0時~8月14日水曜日午後11時59分 / 8月16日金曜日正午頃
銀行振込手数料はPayPalが負担。
毎週火曜日に自動引落し、登録の銀行口座への振込み。振込みまで最短3営業日。
※本サイト(オフィシャルサイト)からオンラインでアカウントを開設した場合のみ適用。
※振込みまでの日数は金融機関により異なる。
サポート
オンラインヘルプ、電話、メール、Twitter
https://squareup.com/jp/square-support
オンラインヘルプ、電話、メール
https://www.paypal.jp/jp/here/support/contact/
その他
Apple Pay、NFC対応(現時点では日本国内未定)
NFC Reader for Apple Pay, Contactless & Chip
https://squareup.com/apple-pay
Square Stand
https://squareup.com/stand
Square 推奨の周辺機器について (iPad 向け)
https://squareup.com/help/jp/ja/article/5084-square-ipad
顔パス・チェックイン支払い

SquareのApple Pay対応カードリーダー、リアルのカードも使用可能

SquareがApple Payに対応したリーダーを発表しました。しかも、そのリーダー自体でリアルのクレジットカードの読み取りも可能のようで、既存のリーダーの代替になりそうです。

できれば一つで済ませたいですしね。

ちなみに、PassbookはWalletに変更されるとのこと。スマホひとつで外出OKな環境が着々と近づいていますね。

PayPal HereのApple Pay対応がちょっと心配ですが、チェックイン機能もありSoftbankつながりということで好まれやすいでしょうし、お店側にするとSquareとどちらかというとなかなかむずかしいところですね。

Apple CarPlayを発表。「車のOSってなに?」って会話も近いかも

Apple が車でiPhone のアプリや機能を使えるCarPlay を発表しましたね。
「CarPlayはiPhone 5 – iPhone5 S, Cと互換性があります。」ってなってますので、そうなると公開ももう間もなくって感じでしょうか。

CarPlay_Honda_Homescreen-PRINT

Apple – Press Info – Apple Rolls Out CarPlay Giving Drivers a Smarter, Safer & More Fun Way to Use iPhone in the Car
http://www.apple.com/pr/library/2014/03/03Apple-Rolls-Out-CarPlay-Giving-Drivers-a-Smarter-Safer-More-Fun-Way-to-Use-iPhone-in-the-Car.html
Apple – CarPlay
https://www.apple.com/ios/carplay/

Siriに音声よる音声通話、メッセージ操作、音楽はもちろんのこと、位置情報を使ったマップなどが利用できるそうで、もちろんもろもろのアプリも楽しみですが気になるのは、このマップがどんな感じになるのかといったところ。

既存でも通常(?)のナビよりもスマホのGoogle マップやたのナビアプリの方が便利の場合があったりしますが、そこまでの履歴・位置情報を元にした先行案内的なサービスって、いざ車で利用可能になると、リアルなサービスもいろいろと絡むことができたりするでしょうし。また、都内以外ではなおさらかと。

まだ今回はあくまでも「対応アプリ」で直接車自体にOSが積まれるわけではないっぽいですが、それでもイメージ的には「車載OS」って印象ですよね。
個人的には家電や通過なども含めてもっと、スマホ(またはその他の認証デバイス)にいろいろ集約してほしいです。

現状では海外のメーカーが多数ではありますが、各メーカーの既存対応OS(iOS、Android、Microsoft、GENIVI またはシステム)の一覧を見ると、なんとなく携帯キャリアと同様の縮図が垣間見えたり。

Volvo, Mercedes, and Ferrari demo Apple's CarPlay in Geneva – Apple 2.0 -Fortune Tech
http://tech.fortune.cnn.com/2014/03/03/apple-volvo-mercedes-carplay/

スマート家電とか、より身近な商品とかはAndroid OSが主になっていくんでしょうけど、いざ「車」となると、現状、名前が上がっているメーカーの通り、やはりそこな「ブランド」意識って関係してくるでしょうし、そうなるとやはりApple が有利でしょうか。
アプリケーションや連携云々ももちろんありますが、タッチ感とかはやっぱりiOS の方が受けそうですし。

もともと車は好きな方ではありますが、正直ここ数年、若干興味が薄れていましたが、こうなると買い替えも検討したくなっちゃいますね(笑)