鷹による害鳥対策にさらに注目

友人が鷹匠であり、ウェブサイトの制作をさせてもらったことからも関連記事などに注目してしまう鷹による害鳥対策。

鷹による害鳥対策 - 株式会社鷹匠
株式会社鷹匠
株式会社鷹匠 – サービス公開
サイト制作時に資料などを下調べしているときにも納得させられる内容が多々ありましたが、昨日の渋谷での実証実験など、最近さらに注目されているのか関連記事を以前にも増して目にするようになりました。

工場やサービス施設はもちろん、住宅や繁華街、または空港などのバードストライクなど、害鳥による被害は昔からありさまざな手法が試されてきているようです。

害鳥と言われている鳥にしても生き物。ましてや、街中に住み着いてしまったのも、もしかしたら人間の都合によるものかもしれません。
できればそういった鳥たちにもやさしい、また、環境にもやさしい方法が望ましいのはみんなが望むことかと思います。

勉強不足で詳細には触れられませんが、もともと試されている音や光るテープなど、いくらなんでも鳥も慣れてしまうでしょうし、浜松の駅ビルや繁華街などでも、音響的なものを行っているようですが効果はどうでしょう…。

もちろんひいき目なのは承知ですが、食物連鎖を利用し、威嚇をメインとした鷹による対策方法が注目されるのは必然なのかもしれませんね。

繁華街のカラス対策 タカを使った実証実験 NHKニュース


[追記]
後ほど友人が上記の渋谷での実証実験に対し、通常、飛ばし方から人・鷹に事故のないよう安全対策を講じた上で、実施するのが本来の方法であると指摘がありました。

株式会社鷹匠 – サービス公開

地元浜松の友人でもある田中さんがこの度、新会社設立をしてサービスを開始することになり、サイト制作や初期PRなどでお手伝いすることになりました。

当初友人が国内でも数人しかいない、本家正統派の諏訪流鷹匠になってたと聞き正直驚きましたが、イメージ的になんとなく納得。

鷹による害鳥対策 - 株式会社鷹匠
» 株式会社鷹匠

「害鳥駆除」といわれ、鳥が空港で航空機のエンジンに吸い込まれたり、機体に衝突してしまったりするバード・ストライクへが思い浮かびましたが、工場や集合住宅・寺社仏閣など、さまざまな場所で需要があるそうです。

薬品を使った方法やネットを使って寄せ付けさせない方法などが代表的な対策ようですが、継続的な効果や景観の問題など、動物相手ということもありなかなかその対策には課題が多いとのことでした。

そこでより効果的な対策が求められ、オオタカやハヤブサといった猛禽類による動物本来の特性を生かした追い払いが海外を中心に、国内でも数年前から注目されはじめたようです。

薬品などを使わず「威嚇」して追い払い、害鳥を寄せ付けない「環境を作ること」が目的で、また、獲物として収穫を得ることが主目的ではないのがより好印象でした。

代表の田中さん(田中さんのブログ)は15年以上放鷹術を学び伝統の諏訪流鷹匠として京都・奈良・大阪などでも実演を行っており、某工場の鳩駆除を行った際にその効果の高さを実感したことをきっかけに、現状の造園業以外に今年4月、株式会社鷹匠を新たに設立しサービス提供の開始に至ったそうです。

鷹やハヤブサの飼育・訓練方法など、詳細について説明をしている際は知識の深さだけでなく、その目の輝きとちょっと興奮した口調がとても印象的で、サービス以前に”鷹匠”としての誇りを感じさせてもらえました。

害鳥駆除のサービス以外にも鷹などを使ったイベントなども行っているそうで、街おこしイベントなど、浜松市の行政へも積極的に提案・活動を行っているそうです。

株式会社鷹匠
http://takajou.jp

LINE「BEYOND LINE」への取り組み発表

Facebook が買収したWhatsApp がメッセンジャーの"第一世代"と言われるように、すでに時代は"第二世代"に移行し、ますます活況になっている様子ですね。
う〜ん、わくわくしますね(笑)

LINE 電話/LINE Call 公開予定:2014年3月

国内外の固定電話やフィーチャーフォンとも格安で通話可能。すでに「電話」というデバイスでLINEを使っているユーザー(しかもさすがの初期設定不要)なので、Viber とか楽天でんわ のように、新たに何かしらのアプリを通して通話を行うわけではないので、浸透しやすいかも。こうなるとますますキャリアとしての付加価値ってどうなっていくんだろうか。
※限定キャンペーンらしいですが、LINE@ を導入している一部店舗、ゼンリン データベース内の一部の店舗・施設約130万件へは無料ってニクイ。

LINE@
https://biz.line.naver.jp/ja/
通話料金
http://linecorp.com/press/2014/0226692
日本の固定電話への通話: 1分2円〜
携帯電話への通話: 1分6.5円〜
日本以外の国への発信: アメリカ・中国への通話 1分2円(固定・携帯)
※コールクレジットでの事前チャージ
※発信元電話番号表示有り

参考: 【LINE】LINE、全国のLINEユーザー3,000名に対し、スマートフォンでの音声通話と無料通話アプリ・IP電話/格安通話サービスの利用傾向についての調査を実施
http://linecorp.com/press/2014/0218688

LINE ビジネスコネクト 公開予定:未定

https://partner.line.me
既存のデータベースなどとの連携により個人に向けたマーケティングが可能になり、双方向性が可能になり、まさしく他の企業サービスとの連動で、すごいプライベートなところで「企業と個人間」でのプラットフォームになる感じでしょうか(その分企業側はかなりシビアでしょうけど)。すげー。

業務提携オファーガイド LINEパートナー
https://partner.line.me

LINE Creators Market 公開予定:2014年4月頃

これぜったいウケますよね(笑)。登録・申請無料、40種類(ちょっとボリューミー?)のスタンプを1セット100円で販売可能、売上の50%を制作者に配分。

いやはや、かなりアレな発表ですよね。関連するサービスなどの動向も気になりますが、ますます変化に加速が掛かるのでしょう。

個人的には、まずは飛び道具的な発想ではなくせっかくのユーザー接点となるものですし、企業・販売者側の姿勢がもろに反映されることでもあると思いますので、なにかしら提案材料として検討できたらと思います。

【LINE】LINE、グローバル市場での更なる成長に向け、「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービスを発表
http://linecorp.com/press/2014/0226691

HAIRSALON Fukuzawa Re+ 本店ウェブサイト新規公開

世間はばっちり師走に入り、個人的にももろもろ差し迫っている最中(笑)、本日、地元浜松の古い友人のサロンの「HAIRSALON Fukuzawa Re+」さんのウェブサイトが公開となりました。

明治36年創業と浜松でも老舗中の老舗の理容室で、オーナーの人柄もあり地元の皆様に愛される人気店です。

少し前に店舗リニューアルを行い、ウェブでもなにかしらお客様との交流を含めた情報発信ができればとご相談をいただきました。
今後、ソーシャルメディア関連含め、オーナーやスタッフの方々がまずは楽しんで使ってくれたらと思いますし、今後また、もろもろと行えたらと。

ありがたいことに地元では経営者や自営業者としてがんばっている友人たちが多く、仕事の話題はもちろん、もろもろのライフスタイルにも前向きな行動・言動が目立ちます。

皆さまには個人的にも十代(もしくはそれ以前)からいろいろお世話になりつつ(笑)、今でも友人たちのそんな姿勢が良い刺激になっています。

できればそんな友人たちと、地元で地域貢献にもつながるような「なにか」ができたら楽しそうだなあと思ったのも、地元での活動を開始しようと思ったことのきっかけのひとつでもあり、本日の公開は自分ごととしても本当に嬉しい出来事です。

「友人同士の仕事だなんて!」的なご意見もあるかと思いますが、それでも友人たちとしかできない、または友人たちだからできることもと思っていますので、ぬるく見守っていただけるようお願いいたします。
また、微力ではありますがなにかしらの地域(故郷)貢献へとつながっていけたら幸いです。

なにかご縁ありましたら、よろしくお願いします。

インタラクティブに動くマネキン – Marionettebot 恋するマリオネット

Kinectセンサーを使っているらしいのですが、人の動きに合わせて動かすことのできるマネキンが、
渋谷マークシティの”UNITED ARROWS green label relaxing” ショーウィンドウに登場するそうです。

Marionettebot 恋するマリオネット - UNITED ARROWS green label relaxing

展示日時: 11月3日(土)-18日(日)10:00-25:00

時期的にもショーウィンドウがより一層華やかになっていくシーズンですが、こういったインタラクティブなものっていいですよね。よりショー的で。
ちなみに、2人で同時に行うと相性診断もできるそうです。

»» Marionettebot 恋するマリオネット| 恋するレーベル。green label relaxing