LINE ロゴ

LINE「BEYOND LINE」への取り組み発表

Sponsored Links

Facebook が買収したWhatsApp がメッセンジャーの"第一世代"と言われるように、すでに時代は"第二世代"に移行し、ますます活況になっている様子ですね。
う〜ん、わくわくしますね(笑)

LINE 電話/LINE Call 公開予定:2014年3月

国内外の固定電話やフィーチャーフォンとも格安で通話可能。すでに「電話」というデバイスでLINEを使っているユーザー(しかもさすがの初期設定不要)なので、Viber とか楽天でんわ のように、新たに何かしらのアプリを通して通話を行うわけではないので、浸透しやすいかも。こうなるとますますキャリアとしての付加価値ってどうなっていくんだろうか。
※限定キャンペーンらしいですが、LINE@ を導入している一部店舗、ゼンリン データベース内の一部の店舗・施設約130万件へは無料ってニクイ。

LINE@
https://biz.line.naver.jp/ja/
通話料金
http://linecorp.com/press/2014/0226692
日本の固定電話への通話: 1分2円〜
携帯電話への通話: 1分6.5円〜
日本以外の国への発信: アメリカ・中国への通話 1分2円(固定・携帯)
※コールクレジットでの事前チャージ
※発信元電話番号表示有り

参考: 【LINE】LINE、全国のLINEユーザー3,000名に対し、スマートフォンでの音声通話と無料通話アプリ・IP電話/格安通話サービスの利用傾向についての調査を実施
http://linecorp.com/press/2014/0218688

LINE ビジネスコネクト 公開予定:未定

https://partner.line.me
既存のデータベースなどとの連携により個人に向けたマーケティングが可能になり、双方向性が可能になり、まさしく他の企業サービスとの連動で、すごいプライベートなところで「企業と個人間」でのプラットフォームになる感じでしょうか(その分企業側はかなりシビアでしょうけど)。すげー。

業務提携オファーガイド LINEパートナー
https://partner.line.me

LINE Creators Market 公開予定:2014年4月頃

これぜったいウケますよね(笑)。登録・申請無料、40種類(ちょっとボリューミー?)のスタンプを1セット100円で販売可能、売上の50%を制作者に配分。

いやはや、かなりアレな発表ですよね。関連するサービスなどの動向も気になりますが、ますます変化に加速が掛かるのでしょう。

個人的には、まずは飛び道具的な発想ではなくせっかくのユーザー接点となるものですし、企業・販売者側の姿勢がもろに反映されることでもあると思いますので、なにかしら提案材料として検討できたらと思います。

【LINE】LINE、グローバル市場での更なる成長に向け、「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービスを発表
http://linecorp.com/press/2014/0226691

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

株式会社鷹匠 – サービス公開

2015/06/03

地元浜松の友人でもある田中さんがこの度、新会社設立をしてサービスを開始することになり、サイト制作や初期PRなどでお手伝い

»

Big Game Ads on Yahoo! Video

2011/02/07

yahoo.com でのまとめサイト。 Sony Ericssonなどの、スーパーボウル中継中のCM とかも話題になって

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA