商品の持つ『文脈』

Sponsored Links

ご周知の記事かとは思いますが、個人的に改めて考えなければと思うフレーズがあり、
ご紹介させて頂きました。
※皆さま賛否はあるかとは思いますが

  • 「欲しい」というよりも、関わりたい
  • 商品に文脈付けをする

日常の中で行う「商品説明」。

個人的には、機能詳細も大切ですが、
何かを「想像」して頂けるような表現ができたらと思っています。

昨今のソーシャルメディア等の活用にしても、ほんとはそれが一番大切なことに思いますが、
サイト(ショップ)として、姿勢含め「関わって頂ける」ような運営・表現ができたらと思います。

そしてそれ自体が、そのサイト(ショップ)自体の『理由』にもなっていくものだと思いますし。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

今、ECサイト運営者に大切なもの

2011/01/05

個人的肌感覚とはなりますが、デバイス環境や検索エンジンもろもろ含め、 今年、ECサイト運営者としてとくに大切かなぁと思う

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください