【簡易版】WordPressのAMP公式プラグインでGoogleアナリティクスとAdSenseを表示させる方法

専用のソースコードの記述を行った別ページを用意することで、Googleが専用のキャッシュを用意しページ内容をスマホなどのモバイル端末での表示を高速化するGoogleのAMP
Googleのテスト以外でも検索結果でのトップニュースとしてのカルーセルや、国内でも徐々に目にする機会も増えてきたAMP(Accelerated Mobile Pages)。

WordPressでそういったAMPの設置・記述を行なう場合、AMP公式プラグインを利用している方も多くいらっしゃると思います。
そういったなか、Googleアナリティクスのコードを設置しAdSenseを表示させるのにテーマのfunction.phpに記述して読み込ませる方法などもあるかと思いますが、今回はプラグインの該当ページに直接記述するという、より簡単に設置する方法です。

記述箇所は以下の、AMPプラグインのsingle.phpファイル。
WoprdPress管理画面、該当ファイルのダウンロード・アップロード以外にも、「プラグインの編集」からも記述ができます。

ただし注意として、プラグインのアップデートがあった場合、改めて記述する必要がありますので、更新の際は注意が必要です。

1
wp-content > plugins > amp > templates > single.php

Googleアナリティクスの設置・記述

WordPressのAMP公式プラグインでGoogleアナリティクスのコードの設置方法

※Googleアナリティクスのコードはテンプレート(temp_analytics_amp.php)を読み込ませていますが、直接書き込んでもOKです。

AdSenseの記述

WordPressのAMP公式プラグインでAdSenseの記述方法

※サイズや広告については任意で書き換えてください。

現状ではまだ購入はできないようですが、EC関連などニュースが即時性あるもの以外での活用も検討されていますし、リソースの問題もありますが運営サイトの状況・内容合わせて対応を検討されても良いかもしれませんね。

Google AMP対応のWordPressの構造化データ記述方法

Eストアーのショップサーブ、携帯サイトとスマートフォンリニューアルでの基本設定について

現在運営している、いくつかのECサイトで利用しているEストアーのショップサーブ。
基本的な使用方法としては、ショップサーブ外で独自ドメインのサイトを構築し、カートASPとして利用しています。

その中で、かねてから告知はあったもののいつかいつかと期待していた携帯サイト リニューアルとスマートフォンサイトの追加が先日公開され、

もともとあった携帯サイトの刷新というより、スマホサイト含め別サブドメインでの新規サービス追加の形で公開されました。

» スマートフォン・携帯カート機能 |Eストアーモバイル

先日、ショップサーブを利用してる他のWeb担当者の方も言われていたように、今までの携帯サイトはお世辞抜きにちょっとキビシイ…。

上記の通りの利用がメインのため、正しく言えば携帯サイトとスマホサイトへのカートリニューアルが心待ちにしていた機能です。

基本的な設定を行ってみて、先日始めてEストアーさんにお邪魔する機会もあり、
もしかしてなにかしらの参考までにと思い、まとめておきました。

実際の管理画面については、現状では分かりませんが以前利用していたことを照らし合わせると、
DeNA ビッダーズさんの管理画面のような印象。

それに今風な感じでドラッグアンドドロップでのコンテンツ入れ替えなど、個人的には非常に使いやすい感じです。

カート内遷移

会員ログインを行っていないとき

スマホサイトのカート遷移 cart0.shopserve.jp

  1. カートに入れるクリック後/smp_cart.php
    「会員ページ」または「会員登録せずに購入」に分かれる
  2. カート画面「ログイン(既存会員用)」ボタンクリック後 購入者情報入力ページ/smp_regi.php
    「この住所へ送る」または「別の住所に送る」に分かれる
  3. 「この住所へ送る」クリック後 お支払い方法選択ページ(お支払方法、ラッピング、お届け指定、通信欄)/smp_regi.php
  4. お支払い方法選択「次へ」クリック後 「ポイント利用」ページ/smp_regi.php
  5. ポイント利用ページ「確認画面へ」クリック後 注文内容確認ページ/smp_regi.php
  6. 注文内容確認画面「注文する」クリック後 注文完了ページCVページ/smp_order.php
    GoogleAnalytics, AdWords, Y!リスティング 購入CVページ
  7. 注文完了ページ「会員登録する」(会員ID、パスワード、規約チェック入力後) 登録完了ページ/smp_regist.php
    購入時非会員だった場合

携帯サイトのカート遷移 cart0.shopserve.jp

  1. お買い物かごへ入れるボタンクリック後/mbp_cart.php
    「会員ページ」または「会員登録せずに購入」に分かれる
  2. 「会員登録せずに購入」クリック後(購入者情報入力ページ)/mbp_regi.php
    「この住所へ送る」または「別の住所へ送る」に分かれる
  3. 「この住所へ送る」をクリック後(お支払方法、ラッピング、お届け指定、通信欄、メール受け取り確認ページ)/mbp_regi.php
  4. 「次へ」をクリック後(注文内容確認ページ)/mbp_regi.php
  5. 「注文する」ボタンクリック後(注文完了ページ)/mbp_order.php
    GoogleAnalytics, AdWords, Y!リスティング 購入CVページ
  6. 上記注文完了ページにてIDパスを入力し、「会員登録する」をクリック後(登録完了)/mbp_regist.php

ちょっといい感じなところ

  • 基本、HTML5 で製作されている
  • CSSの読み込み、書き換えが可能
  • HTMLタグの利用が基本仕様に取り込まれている
  • 外部JavaScript も一応OK(基本ムリヤリ)
  • 独自ドメインへカートからの戻りがデフォルトで可能に
  • 各テンプレート内で部分的な変更が可能

個人的に教えてもらったこと

Android タブレットの転送について
設定を行っていると、iPhone、Android とかのスマホからのアクセスは当該サイトへ転送されますが、Android タブレットからのアクセスについてはPCサイトへ転送されず、スマホサイトへ転送されてしまうということ。
たぶん、そうそうに対応してもらえそうですが。

【AdWords, Yahoo!リスティングのコンバージョンタグの挿入場所】

携帯カートはPCカートとは違い既存では正式な挿入箇所がなく、もともとの携帯サイトではちょっとムリヤリテンプレートをFTPダウンロードして入れてましたが、
リニューアル後ではそうそうムリヤリでなく、下記の場所へ書いています。
一応、その後の経過を見ているとCVの取得はできており、戻りなど心配ですけど、前よりは… といった感じではないでしょうか。

携帯サイト
ページ編集 レジ:注文完了 メッセージ箇所
「HTMLソース編集」に記述。購入コンバージョン取得用です。
スマートフォンサイト
専用設置箇所有り。各種設定→ コンバージョンタグ設定

念のためその他のおすすめ挿入箇所がないか確認したところ、致し方ないですけど、今のところグレーな回答といった感じです。

追加・修正して基本的な箇所

  • Android タブレットのUA設定
  • Google Analytics の非同期タグへの変更
  • AdWords, Yahoo!リスティングのコンバージョンタグの挿入
  • ヘッダー(head)への追記
  • スマホ用サイトで実際の倍以上の元画像でも、画像の書き出しがちょっと荒いこと(速度重視ならアレですけど)

変な質問をしてアレでしたけど、期待を込めて今後とも宜しくお願いします。

Google +1ボタン、Google Webmaster ToolsやGoogle Analytics にも

先日公開された”Google +1″ ボタンですが、いつのまにかGoogle Webmaster Toolsや Google Analytics にも、
+1 ボタン関連や、それに伴ったものと思われる項目が追加されてました。

Google ウェブマスターツール
+1 統計情報
Google アナリティクス
ユーザー > ソーシャル

“Inside AdSense Blog” で紹介されてましたが、
Google Analytics でのFacebook やTwitter からのトラッキング方法なども、まとめて紹介されたりしてます。

» Social Interaction Tracking – Google Analytics – Google Code

» Social Demo

先日もGoogle の更新について書きましたが、ここへ来てSERP やGoogle マップなど、普通に目にする機会が多い場所がいっきに更新されており、

いよいよGoogle+ プロジェクトト 間近って感じなんでしょうか。

» +1 reporting in Google Webmaster Tools and Google Analytics – Inside AdSense

Google Analytics ケータイ用トラッキング 正式スタート

かねてからちょっと期待していた、Google Analytics での日本のケータイ電話が正式に発表されました。

昨年末頃から、もろもろと記事などは拝見していたのですが、
はやる気持ちを抑えつつ、正式公開を待っていました。

Analytics 日本版 公式ブログ: モバイル向け Google Analytics がすべてのアカウントでご利用可能になりました

ケータイ向け Google Analytics のトラッキングコード設定方法

以前見ていた記事とかによると、若干のコードの追加などが必要らしいとのことでしたが、

その後、どうなんでしょうか…。

とりあえず、GA のトラッキングコード取得画面に記載されていること『のみ』で、
試してみることにしました。

まだまだですが、個人的にはGoogle Analytics とAdWords の連動が、
かなり重宝しています。

今年から来年にかけて、インフラ等含めてもろもろと『ケータイ(モバイル)』の盛り上がりことが話しに上がっていますが、
それを見越してのキックオフ なのでしょか 笑

「iPhone」 や「Android」などのスマートフォン系の台頭もそうですが、
一般的にいわれる「ケータイ」も、色々な意味合いで高性能化していくかと思いますが、

そうなっていくと、現状での「ケータイ専用サイト」はどのようになっていくのでしょうか。
実際のところはユーザー の割合から見ても(契約2年とかも)、そうそう早急にという訳ではないのかも知れませんが、

どういった内容で、『ケータイガラパゴス』が変貌・進化していくのか、ちょっと楽しみです。
※しかしながら、「ケータイ」への尚一層の対応を行いたいと思います。