WordPressのGoogle AMPへの対応

Google AMP対応のWordPressの構造化データ記述方法

Sponsored Links

GoogleのAMP(Accelerated Mobile Pages)へ対応するためにはAMP HTMLとschema.org/Article(またはNewsArticle)、もしくはschema.org/BlogPosting の構造化データが必要です。

AMP HTMLへの対応はWordPress プラグインでどうにかと思っているのですが、そちらはもう少しエラーの改善まで時間が必要な感じです。
プラグインでも構造化データの対応はされるかもしれませんが、構造化データについてはプラグインを使わない記述方法を用意してみました。宜しければご参考ください。

サイトによってはデータを追加したいプロパティもあるかもしれませんが、基本的な必須内容となります。

一部自前の関数を使っていることもあり、nameやheadline(見出し)などは必要に応じて任意の関数などに変更してください。
また、分岐で投稿ページのみで記載されるようになっていますので、必要でしたら分岐を変更してください。

Articleの場合


//NewsArticleの場合





BlogPostingの場合


//BlogPostingの場合





Top Stories with AMP  |  Structured Data  |  Google Developers

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です