Web on Your Watchアプリを使ってApple Watchでウェブサイトを閲覧

Apple Watchでウェブサイトを見る方法

Sponsored Links

購入して約3か月。それ以降使っている「Apple Watch Series 3 GPS + Cellular」。

正直、購入当初は「便利だけどなくてもとくに…」といった印象でしたが、たまたま一日着けるのを辞めた日があったのですが、意外とApple Watchに依存している自分が。
サロンワークで美容師の施術中など、タイマーはもちろんのこと、予約確認や外部との連絡の有無など、iPhoneをワゴンにしまっておくことが多いのですがApple Watchの存在が徐々に大きくなってきました。

iPhoneでもできるjことをムリにApple Watchで行っているのでは…と思われるかもしれませんが、なんというか、腕に着けているということでメリットが多々あるように感じています。

そんな中、ずっと気になっていたのがApple Watchでのブラウジング。

Apple WatchのメリットのひとつにiPhoneに依存している時間を減らすというものがあると思いますが、その点であえてApple Watchでブラウジングは基本的にはできません。
ただ、できればオンライン上の予約表など見れたら便利かなとも思い、いくつかアプリを試してみました。

Apple Watchの購入当初にいくつかアプリを物色してみて最終的に残ったのが「Web on Your Watch」。

ただ、使った当初はアプリがまだ新しいApple WatchのOSに対応していなかったのか説明どおりの閲覧ができず、その後放置していたのですが、昨日ふと使ってみると、普通にウェブブラウジングがApple Watchで行えるようになっていました。

Web on Your Watchアプリを使ってApple Watchでウェブサイトを閲覧

基本操作はiPhoneのWeb on Your Watchアプリで操作するのですが、アプリで開いていたページを手元のApple Watchで見ることができます。
もちろん、Googleやログインが必要なページもOK。

ちょっと問題なのがApple Watchで横スクロールができないこと。
もしかしたらなにか方法があるのかもしれませんが、タッチしてもとりあえず横スクロールはできませんでした。

閲覧させるサイズもApple Watchのサイズやスマホサイズ、タブレット表示でのサイズなども選べ、リロードもApple Watchで行えるのでページによっては結構便利なのでは。

「Apple Watch Browser」で探すと最近良く出てくる「WebWatch – The Web for Apple Watch」もちょっと気になるアプリ。
こちらもまた機会をみて使ってみようとおもいます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください