情熱的な講義。

Sponsored Links

昨日、
S校長の名物講義があった。

– Re Designing the Tuture –
というお題目での講義だった。

コンピューターの歴史、
S校長の研究経緯、
現状、今後の未来予想などなど。

やはり、
何かしらの『信念』をもって、
デジハリを展開されているようです。

お題目の、
– Re Designing the Tuture -ということばも、
最後には非常にハラ落ち感と、胸高ぶるものを感じました。
その情熱的なものに感化されました

『人を幸せに出来るコンテンツ・サイトを創る』という軸を忘れず、
めい一杯頑張りたい

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

読み込ませる順番等。

2008/06/12

毎度のことであるが、 Scriptを連発して使用すると、急遽制御不能になってしまう… そこで読み込ませ方やら

»

いつもいつも。

2008/07/31

いつものことながら、 もろもろと『気』を使わせてしまう… 日々の環境の中でもそうだが、 重要な項目は特

»

CS3。

2007/11/13

今日の夕方、 Adobe CS3の機能紹介の講演があり、 既に実際にCS3を持っているのだが、講演を聴きに少し久しぶ

»

2016年新年のご挨拶

2016/01/01

あけましておめでとうございます 皆様の新年のご多幸をお祈り申し上げます 旧年中は格別のご厚誼を賜り厚く御礼申し上

»

ようやく公開。

2008/06/01

なんとかさっきようやく… もう少し早く公開できる予定だったが、 以外(?)なところでかなり時間をロスしてしま

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください