情熱的な講義。

Sponsored Links

昨日、
S校長の名物講義があった。

– Re Designing the Tuture –
というお題目での講義だった。

コンピューターの歴史、
S校長の研究経緯、
現状、今後の未来予想などなど。

やはり、
何かしらの『信念』をもって、
デジハリを展開されているようです。

お題目の、
– Re Designing the Tuture -ということばも、
最後には非常にハラ落ち感と、胸高ぶるものを感じました。
その情熱的なものに感化されました

『人を幸せに出来るコンテンツ・サイトを創る』という軸を忘れず、
めい一杯頑張りたい

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

友人の一歩

2019/07/13

美容師の専門学校の同級生の旧友。 奥さんも同級生で、相変わらず仲の良い二人。 美容師道を貫き自身のサロンを経営し

»

“一昔前”は聞けなかった声

2014/03/31

「こう(対面)してやり取りするのがコミュニケーションでしょ。」 先日、古い友人から言われたフレーズなのだけど、"今

»

フルーツの営業…。

2008/06/17

今日突然、 会社へ営業方が来社。 ふと見てみると、 なんと『フルーツ』の歩き売り… ※しかも切って

»

対処。

2007/12/04

『必要』に迫られて起こすアクションと、 『事前』に対処を行った上で起こすアクションの必要性と効果の違い。 勿論、

»

Google Audio Indexing

2008/10/10

少し前の記事だが、 保存記事を整理していて目についたもの。 『Google Audio Indexing』 http

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください