iPhone買い換え時のデータ移行と復元方法まとめ

Sponsored Links

年に1回は恒例行事となった、iPhone買い替え時のデータ移行作業。
いつもどうだっけな?と思う箇所もあったり、毎年のことなので注意点を含めまとめてみました。

友人知人にお伝えるする際など、ぜひご参考ください。

キャリア参考: [iPhone]新しい iPhone に機種変更した場合、データを新しい iPhone へ移行できますか? | ソフトバンクモバイル

事前準備

■iCloudからでなくiTunesで復元しよう

データの自動バックアップなど便利なiCloudですが、iCloudから新iPhoneへデータを復元した場合、音楽データや映像・画像データなど一部移行されないものがあるようです。

また、無料分の5GBを超過している方でそのままストレージ容量を購入されていない状態の方も多いでしょうし、完全データ以降のためにもiTunesからのデータ復元をおすすめします。

ただし、母艦となるPCを使わずiPhoneのみを利用されている方もいらっしゃるかと思いますので、その際はご了承ください。

ちなみに、キャリアやショップなどで購入した場合、まれにさらっとiCloudからの復元を促される場合がありますが、自宅でiTunesより復元する旨を伝えてSIMの入れ替えのみでそのままお持ち帰りください。

■iPhoneのバックアップを暗号化しておく

後述しますが、旧iPhoneで各ウェブサイトなどで利用していたアカウントのパスワードなどを引き継げるよう、iTunesで「iPhoneのバックアップを暗号化」しておきましょう。

また、LINEなどアプリによっては引き継ぎができないものもありますので、事前に暗号化しておくことをおすすめします。

■LINEアカウントの引き継ぎ

プライベートや仕事問わず活躍しているLINEですが、上記の「iPhoneのバックアップを暗号化」しておかないと引き継げないものがあったり、旧iPhoneでメールアドレスやパスワードを登録しておかないと新iPhoneでもとのアカウントが使えなかったりするので、ご確認をお忘れなく。

  • ・事前にLINEアプリ内でメールアドレスとパスワードを登録。
  • ・PINコードを設定(4ケタの暗証番号。不正ログインを防ぐためのもの。上記パスワードとは別のもの)

購入したスタンプの復元は→新しいiPhoneのLINEアプリで「スタンプ管理」 > 「マイスタンプ」から再ダウンロードが必要です。

※上記を行っても引き継がれないものもあるようですが、データを復元してみても過去のトーク内容も復元されてました。

■事前に新旧iPhoneのiOSアップデートを行っておく

旧iPhoneのiOSと新iPhoneのiOSを同じものにアップデートしておいてください。

■iTunesで旧機種のデータバックアップ・同期を行っておく

下記をご参照ください。

旧機種のバックアップ(iTunesを使う方法)

①iTunesでバックアップ時に事前に行うチェック箇所

iTunesでのバックアップ箇所
購入した項目を◯◯のiPhoneから転送
  • ・「自動的にバックアップ」→ 「このコンピュータ」を選択(通常は「iCloud」になっているかと思います)
  • ・「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを確認
    事前に暗号化用パスワードを設定(iPhoneのバックアップを暗号化)。
  • ・iPhoneで購入した音楽などをiTunesへ転送
    iTunesのメニューの「ファイル」から「デバイス」を選んで、「購入した項目を◯◯のiPhoneから転送」をクリック。

②iTunesの右下の「同期」を行う

旧iPhoneのデータをiTunesに同期します。

③自動同期を行わないように設定

自動同期を行わないように設定

バックアップデータを新iPhone空のからデータで上書きしないように、iTunesの環境設定(画面上部のiTunesメニューより)、 環境設定 > 「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェック。

キャリアによって下取りキャンペーンをやってたりしますが、機種変時には下取りキャンペーンに申し込みをして、後日、旧iPhoneを店頭に持ってくることも可能かと思いますので(その旨伝えてください)、データ移行時に旧バックアップデータを再び使えるよう、機種変時は旧iPhoneを一時、持ち帰ることをおすすめします。

④手動でバックアップ/復元

iTunesの「今すぐバックアップ」をクリック。
※バックアップ完了後、環境設定 > デバイス環境設定で更新日時を確認可能。

バックアップから復元(新iPhoneへのデータ移行)

Lightning(USB)ケーブルをパソコンへつなぐ前に、上記の「③自動同期を行わないように設定」同様、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを確認。
※ここにチェックが入っていない状態で新iPhoneをパソコンへつないでしまうと、空の新iPhoneのデータでバックアップデータが上書きされてしまいます。

①iTunesの「バックアップから復元」をクリック

移行完了になるまで、Lightningケーブルを外さない。アプリの数やデータ量によってわりと時間がかかりますので、焦らずお待ちください。

もしここでデータ移行ができていない場合、上記のバックアップを再確認していただき、旧iPhoneよりあらためてバックアップデータを作成して復元を行ってみてください。
旧データ(旧iPhone)があれば、なんどでも元に戻せますので、ご安心ください。

②iTunesの自動的に同期を有効にしておく

データ移行後、上記の「③自動同期を行わないように設定」で行った「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」のチェックを外すして自動同期をオンの状態に戻しておいてください。

データ移行後の作業

ここまでですでにデータ移行が完了していますが、わりとそのままなのが以下の項目。

より快適な状態を保つために、また、iCloudの容量オーバー(通知)が改善される場合もありますので、ぜひご確認をおすすめします。

iPhoneの旧バックアップデータを削除
  • ・iTunesに旧iPhoneのデータと新iPhoneのバックアップデータが両方保存されている(iTunes環境設定 > デバイス)ので、iTunesの環境設定より、旧デバイスのバックアップを削除(※ダブって保存されていない場合はそのまま)
  • ・新しいiPhoneのデータをiTunesで同期後、iCloud上に旧iPhoneのデータと新iPhoneのバックアップデータが両方保存されているので、新iPhoneの「設定」より、iCloud内の旧バックアップデータを削除(※ダブって保存されていない場合はそのまま)

旧データを削除後、iPhoneからiCloudバックアップ→ 「今すぐバックアップを作成」を行うとエラーになる場合がありますので、その場合は初回のみiTunesで「自動的にバックアップ」→ 「iCloud」を選択し、iCloudへバックアップデータを作成してみてください。

旧iPhonoeの売却・譲渡前の初期化方法

旧iPhoneを売却する場合や、家族など別の方で使用する場合、事前に旧iPhone内のデータを削除する必要があります。

「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべてのコンテンツと設定を消去」でiPhoneを工場出荷状態に戻すことができます。

そのまま削除してしまっても大丈夫かと思いますが、念のため、Apple IDをサインアウトしておく方が良いかもしれません。
その後、iPhoneを探すより確認してもらうと、旧iPhoneはデバイスから消えていると思います。

Apple IDのサインアウト時にインターネットに接続されている必要があるので、新iPhoneと同一のWi-Fi環境で操作を行う場合は、事前に上述のようにiTunesの環境設定(画面上部のiTunesメニューより)、 環境設定 > 「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックをしてからWi-Fiに接続してください。

参考: iPhone、iPad、iPod touch を売却または譲渡する前に – Apple サポート

iTunesストアでデバイスの管理を確認

ここでは念のため、使用しているApple IDに関連付けられているすでに管理していないデバイスを削除しておきましょう。

iTunesストアでデバイスの管理を確認

iTunes→ 「iTunes Store」の「アカウント」の「iTunes in the Cloud」の「デバイスの管理」

わりと以前のデバイスのみ、グレーアウトが解除されてました。
デバイスが新しいApple IDに関連付けられないと削除できないのかもしれません。

以上となりますが、上述したように旧iPhoneが手元にある状態であれば、いつでもバックアップデータを復元できるので安心です。

すでに、下取りなどで旧iPhoneを手放してしまって改めて復元が必要な場合、Lightning(USB)ケーブルをパソコンへつなぐ前であればもしかしたら旧バックアップデータが残っているかもしれませんので、日付をご確認ください。
※アプリであれば、iPhoneのApp Storeアプリで「アップデート > 購入済み」より再ダウンロードも可能です。

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

WordPressが…

2009/07/25

またしてもエラー(?)に…。 他のサイトで使っているWordPressはこんなことはありませんが、 このブログだけなぜ

»

デュアルディスプレイ。

2008/12/25

ちょっと記事で見かけた物。 「確かに」という感じですが、ちょっとすごいかと…。 Lenovo、デュアルディスプレイの

»

フタ。

2009/04/08

状況にもよりますが、 フタの出来ない飲み物は若干敬遠がち…。 ※わりとキャップのできるものも多いですが ↓こんな感じの

»

Adobe ConnectNow。

2009/01/11

Adobe Buzzwordは知ってましたが、 なにか便利につかえるかも。 Adobe ConnectNow htt

»


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です