Googleマーチャントセンターで複数のサイトを登録する方法

Sponsored Links

管理サイトの一つを登録した後、また追々探してみようと思っていた複数サイトのフィード登録。

そんなの今さら当たり前でしょ?と言われるかも知れませんが、
意外にもあっさりと使うことができ、同じように思っていらっしゃる方もいるかも知れませんので(たぶん)、もし参考になればとエントリー。

方法としては、Google マーチャントセンターのアカウントで、“マルチアカウント”というものをGoogle で発行してもらえば、
通常の登録方法で、複数のサイトを管理・登録することができます。

AdWords でのクライアントセンター のような感じで、もともとのマーチャントセンターのアカウント の上のレイヤーに、
親アカウント を作成してもらうといった感じです。

[通常の1サイト登録時のアカウント管理画面]

Googleマーチャントの1サイト登録時のアカウント管理画面

[複数のサイトを登録した時の親アカウン管理画面]

複数のサイトを登録した時の親アカウン管理画面

アカウント名については、親アカウント用に新規に登録が行え、
今まで管理していたアカウント(単一サイトのもの) も、ちゃんと登録された状態でマルチアカウント を発行してくれます。

マルチアカウント の申請・登録

①マルチクライアント アカウントとは

マルチクライアント アカウントでは、単一のユーザーや会社が複数のドメインについてのデータ フィードを送信できます。
クライアントごとに異なる店舗名と URL を持たせることができます。
マルチクライアント アカウント – Google Merchant Center ヘルプ

上記の「マルチクライアント アカウントをリクエストする。」より、親アカウント の申請が可能です。
申請前に、事前にGoogle Merchant Center で単一サイトの登録を行っておく必要があります。

②マルチクライアント アカウントのリクエスト

必要箇所の入力。少なくて助かります。笑
たぶん、単一アカウントで使用していたメールアドレスを申請した方が良いと思います。
マルチクライアント アカウントのリクエスト

③申請完了

以上で申請完了です。あとは、入力したメールアドレスに「マルチクライアント アカウントの作成完了」の通知が届くのを待ちます。
ちなみに自分の場合は、申請した翌日には完了の連絡が届きました。

マルチアカウント が使えるようになったら、あとは単一サイト の時と同じように、フィードなどを必要項目を入力して完了です。
その際、最初にマルチアカウント用の管理サイト名を設定可能です。

すこし久々にGoogle マーチャントセンター にフィードを登録してみて、ずいぶんとフィードの反映など早くなったような気がしました。

とくにアレといえアレですが、親アカウント から設定やフィード登録を行っている際に、もともと登録していたアカウントの内容を参考にしようと、ブラウザ の別タブ で開きながら行っていたら、
遷移画面などエラー となってしまうことが多々ありましたので、あまりおすすめしません。笑

Google ショッピング の日本での公開時など、わりとアチコチで話題を見かけたり、使っているASP などの対応が矢継ぎ早にあったりしてましたが、
今後、日本でもSERP への統合など行われたりするのでしょうか。

そうなってくると、はたしてGoogle Checkout は如何に…。個人的には興味先行ですが、使ってみたい気もしますが。

P.S.
日本で公開されたときにも迷った気もしますが、久々にアカウント にいってみると表記が英語に。
どうやって変えたっけ?と再度探してしまったのですが、左側メニューの「Settings」→ 「General」、一番下部の「Display language」から言語の変更が可能です。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

Google sites "Mobilize"

2011/06/30

なにか使えるかなぁと、そのままとくに何もしていなかったGoogle sites ですが、 スマートフォン用のサイト"Mo

»

AdWords 10周年

2010/11/08

AdWords が今年の10月で10周年を迎え、広告主より AdWords のご利用に関する体験談を募集しています。 投

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください