決済サービスのStripe、日本でのベータ版開始

Sponsored Links

数行のJavaScriptコードを埋め込むだけで決済が行えるStripe。日本での正式サービス公開を前に、ベータ版の提供を開始しました。
ベータ版(円建て)では使えるクレジットカードはVisa、MasterCard、American Expressが使えるようです。

Stripe
Stripe
この類のサービスではPayPalや、運営会社の上場が控えているSPIKEなどありますが、SPIKEは日本国内未公開ながらTwitterやFacebookの”Buy”ボタンに使用されるなど注目を集めています。

Stripeの管理画面

実際の使い勝手も、購入時に決済画面にリダイレクトされないなど、利便性でも気になる機能がありそうです。

一昔まえだとオンラインで決済を行える仕組みを導入するには独自のシステムを入れるか、何かしらのASPカートサービスなど利用するしかありませんでしたが、
最近ではこういったコードを埋め込むだけで簡単に使える決済や、シンプルな使い勝手でECを公開できるBASEやSTORES.jpもあり、ほんと便利になったものだと思いつつ、「主」に使われていくのはどこになるのか、その行方も気になるところです。
※BASEもコード埋め込みに対応してます。

決済を導入すること自体の不可が軽減される分、個人やさまざまな人たちが気軽にオンラインで何かしらの販売が行えることで、
運営やより効果的な利用方法・工夫といったところに集中できるのはなによりですよね。

Stripeドキュメント(英語版のみ) (https://stripe.com/docs)

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です