Gmailが相手側のメールサービスがTLS に対応していない場合赤い錠のアイコンを表示

Sponsored Links

ウェブサイトを中心にHTTPS化が推奨されていますが、スパム対策に定評のあるGmailが、相手側のメールサービスがTLSに対応していない場合や、送受信されるメールはTLSが暗号化されていない(されない)場合、赤い錠のアイコンが表示されるようになっていました。

Googleを中心にHTTPS(SSLサーバ証明書)への移行が推奨されています。クライアントはじめ可能な場合はおすすめしたのですが、やはり少なからず費用も必要ですし、既存サイトの移行については作業コストも。
もちろん制作側での説明努力も必要ですが、移行にはそれなりに課題もあります。

自前サーバーやサーバー証明書をインストールできる知識があれば、無料証明書もあるにはありますが、一般的なレンタルサーバーのことを考えると、できればサーバー側でHTTPSデフォルトになるような流れになると嬉しいのですが(勝手ながら…)。

Gmailの送受信先がTLS に対応していない場合に表示される赤い錠のアイコン

通信時のメールの暗号化(TLS) – Gmail ヘルプ

Entering Public Beta – Let's Encrypt – Free SSL/TLS Certificates

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

Chrome World Wide Maze

2013/03/25

自分が選んだWebサイトが立体的な迷路となり、スマホとChrome を同期して遊べる、 Chrome のデモンストレーシ

»

Chrome OS Notebook発表

2010/12/08

Chrome OS Notebook がいよいよ、お披露目となったそうです。 見た目はかなりマットな印象ですが、3G回

»

YouTube UI刷新。Cosmic Panda

2011/07/08

最近Google+ 関連でのユーザーインターフェースの刷新がぞくぞくとされているGoogle ですが、 今度はYouTu

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA