Yahoo!リスティング広告-キーワードとサイトの関連性の重要度を引き上げ

Sponsored Links

もともとAdWords のコンテンツネットワーク(プレースメント) のように、

「キーワード(広告文)」とサイト(LP)との関連性については、
『キーワード広告』については、あまり関連性はないとの説が一般的だったと思います。

個人的にはAdWords とかでも、
『品質スコア』 の向上については、「キーワード広告」でも関連性 は一つの要因では?と思いますが、

この度の件で、Yahoo! リスティング(スポンサードサーチ) については、
「キーワード」と「サイト(コンテンツ)」との関連性の重要度が増したとのこと。
※「インタレストマッチ」の意味合いが強いのかも知れませんが(コンテンツマッチないですし…)

“ヤフー、インタレストマッチの広告審査で「キーワードとコンテンツの直接的な関連性」の重要度を引き上げ”
「キーワードと広告(タイトル・説明文)の適合性」を最も重要視する従来の審査方針に加えて、「キーワードとコンテンツの直接的な関連性」の重要度を引き上げる。
変更後は、「キーワードとサイトの適合性」「キーワードとタイトル・説明文の適合性」の2つのうちいずれかを満たしている広告が掲載可能。新広告審査方法の適用開始は平成22年2月15日からで、旧基準で承認済みの掲載内容についても対象となる。

via:ヤフー、インタレストマッチの広告審査で「キーワードとコンテンツの直接的な関連性」の重要度を引き上げ:MarkeZine(マーケジン)

先日の「辞書機能」の向上に加え今回の件も含め、ヤフー スポンサードサーチ特有の、『部分一致の拡張』なども考えると、
コンテンツ(サイト)の『関連性』の重要度・向上度合いは、更に重要になるかも知れませんね。
※なにはともあれ、まずは地道にキーワード集めを…

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA