リスティング広告の測定要素 – ブランディング要素

Sponsored Links

テレビの広告などは、一般的には効果測定要素として、
「どのくらいの人がみたか」、その広告を見て「どのように印象が変わったか」などが一般的のようですが、

リスティング広告 の「良さ」の一つとして、
やはり、実際の測定要素が「数値」で分かりやすく、尚且つ、「タイムリー」に測定できるところ。
※おかげでブラウザ で管理画面を開いたまま…

しかしながら、絶対評価での観測となりますが、
ここのところ、アドワーズ での「プレースメント(イメージ)」がなかなか効果的に感じます。

一般的(?)には、手動プレースメントは特に、掲載場所をある種独占することからも、
クリック単価の高めの設定が必要であったり、またクリック率も若干低めになることもあるようです。

日々の中でのコンバージョンもさることながら、
実際の「イメージ効果(ブランディング要素)」に一躍頑張ってくれている様子です。

なにがしのツールなどを使えば、そういった測定も具体的に測定可能なのかも知れませんが、
同じカテゴリーの商材で、他のキャンペーンの平均と比べても、なかなか善戦してくれています。
(他のキャンペーン の設定が問題…?)

商材によって、やはりその「適所」もあるようですが、
そういった「印象」といった要素も、今後のリスティング広告 の指標の一つになっていくのかも知れません。

通常、リスティング広告に求めるものとしては、可能な限り「即」の購買。
しかしながら、そういった「ブランディング要素」も中長期的な『種』をしては非常に大切なように思います。

「インターネット」の特徴を考えると、一回目のアクションから如何にエンゲージメント を感じてもらえるかといったことが、
更に引き続き重要な課題ですよね…。
※ライフタイムバリュー の測定方法とは…orz

そのためにも、基本となるLPO やソーシャル要素 など、
付随して大切となる「構成」としての要素が不可欠になっていくのでしょう…。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください