アービトラージサイト とは

Sponsored Links

MFA(Make for Adsense)などとも言われています。

Google の「品質スコア」 や、Yahoo! リスティングの「品質インデックス」にしても、
キーワード検索のみならず、『サイト(LP)の品質』も一つの指標となってきてますので、

今後はどのようになっていくのでしょうか。

例えばクリック単価10円で検索連動広告を出稿します。一方でランディングページ(広告のリンク先ページ)には、クリック単価10円以上の広告が表示されるようにしておきます。ここでは仮に、クリック単価100円の広告を用意したと仮定しましょう。すると次の計算が成り立ちます。訪問者1ユーザあたりの獲得コストが10円。そのユーザが(コンテンツ連動)広告をクリックすることで運営者が得る収入は100円。100円 – 10円 = 90円の利益が出ます。

via: コンテンツ連動広告で稼ぐ人々(1) – MFAサイトとは? – CNET Japan

ちなみに、そういったサイト への掲載をしないようにも設定できます。
↓こちらのサイトで、そういったサイトらしいところを紹介してくれています。

アービトラージサイトデータベース

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

CPA(獲得単価)

2009/01/17

平均クリック単価÷平均コンバージョン率=CPA 例: 平均クリック単価(10円)÷平均CVR(3%)=333円 もしく

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください