クリック率を上げる為には? – 基本編①

Sponsored Links

日々目にする(気になる)「品質スコア」や「品質インデックス」。

単価を出来る限り抑えるため、
なにはともあれ、まず最初にその向上に欠かせないのが『クリック率』。

その基本としては…

[ キーワード検索の場合 ]

  • キーワード調査
  • 設定キーワード と、広告文の関連性
  • 広告文のテスト
  • 部分一致でリーチ を拡げる
  • 除外キーワード
  • 可能な限り設定単価を上げてみる

リーチ を拡げることによって、クリック率 の向上はできるかも知れませんが、
そこはやはり「コンバージョン率」との兼ね合いも重要なところ…。

単価を可能な限り上げることについても、
ある種、特効薬的に使っていかないと、ただただ予算消化を早めてしまうので、こちらも注意が必要…。

逆にクリック率 を下げる基本的なことで、
「部分一致」のキーワード の見直し(単語とか)や、しっかりとターゲット に合った、広告文を作るようにしなければいけないかと。

よく、広告文で【】や、特殊な記号(Yahoo! リスティング)を見かけますが、
実際のところ、どのくらいの目に付きやすいのでしょう。

いまのところ、いくつかの広告文で試してはいるものの、
実際のその「記号」が目に付いて…、という手応えは個人的にはあまり感じないのですが。

単純に「クリック率」一辺倒では効果の度合いも考えものかと思いますが、
よりターゲティング に則したクリック率向上ができるよう、日々実直にテスト を重ねます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

ネット広告も2桁減へ

2009/11/16

“経済産業省、9月の広告業の売上高は前年同月比17.7%減 ネット広告も2桁減へ” セミナーとかに行ってもみても、 4

»

CPA(獲得単価)

2009/01/17

平均クリック単価÷平均コンバージョン率=CPA 例: 平均クリック単価(10円)÷平均CVR(3%)=333円 もしく

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください