イメージ広告のライフタイムバリューへの影響とは

Sponsored Links

今朝、↓のような仏Yahoo! の全面広告の記事が目に付きました。

仏Yahoo! 日産全面広告
via: メディア・パブ: 仏ヤフーのフロントページ、乗っ取り広告で日産車が飛び出る

以前であれば、「イメージ広告」の効果の是非については、
両極端な意見をよく聞いたりもしましたが、ここのところ気になるのは、イメージ広告の「ライフタイムバリュー」について。

ECサイト としては、一見さんも確かに嬉しいご来訪ですが、
リスティング広告(PPC)からのご来訪のみならず、お客様に如何にエンゲージメントを感じて頂けるかということ。
※イメージ広告の話題で「リスティング広告(PPC)」というのもなんですが

基本的にはお客様が「何を求めて」、自分たちが「何を販売しているか」ということになるのかと思いますが、
こと「リスティング広告(PPC)」については、施策を行った後の数値のみならず、「リアル」での顧客層を想定してのリーチがより重要になっていくと思います。

そこで登場するのが、AdWords などでの「プレースメント広告」。
しかも、その中でもやはり「イメージ広告」が「訴求」については効果を期待でいるものではなないでしょうか。

イメージ広告作製方法として、現状でも「ディスプレイ広告ビルダー」なども使用が可能ですが、
やはり今後、そういった「広告」の中でもさらに「クリエイティビティ」が必要になっていくように思います。

もちろん、奇を狙っての「クリック率アップ」だけでは、「コンバージョン獲得」が目的の広告では目的が違いますが、
ある意味、「ライフタイムバリュー」に対してもイメージとして残る広告が、さらに助力となるように思います。

今後の、「ディスプレイ広告ビルダー」等の機能面の向上も期待したいところですが、
より、『誰に』といったことを明確にした施策ができるようにしたいと思います。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

CPA(獲得単価)

2009/01/17

平均クリック単価÷平均コンバージョン率=CPA 例: 平均クリック単価(10円)÷平均CVR(3%)=333円 もしく

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください