米Google 検索結果に新しいリッチスニペット を導入

Sponsored Links

Google のSERPs でのリッチスニペット で、
hcalendar」と「event」の紹介が新たにありました。

特定の場所(住所)などの検索をした際に、
該当する、もしくは記述されている「住所」や「電話番号」など、

検索クエリ に対してユーザーが探しているであろう事柄を、
SERPs 上に表記をするものですが、

個人的には、
そのSERPs の『全体』が、どのようになっていくのか興味のあるところです。

少し前にGoogle が新しいUIテスト を行っていたのを思い出しました。

その時の構成を思うと、
「Bing」 に少し似た感じのように、「Newa」や「Book」、「Shopping」など、

カテゴライズ された項目が並んでいましたが、
検索クエリ が「住所」などの場合、ある意味その掲載サイト を見なくても、

Google の検索結果のみで、有る程度知ることが出来るようになります。
※サイト 運営者としても、意図し記述されていることもありますが

検索クエリ にもよりますが、
検索結果画面で、ユーザーの求める答えが有る程度完結出来た際に、

まずのGoogle での得意分野である「リスティング広告」が、
その表示されるGoogle の検索結果の「画面全体」がどのようになっていくのか…。

日本での検索シェア 上昇もありますし、Google の“Google Product Search” とかも考えると、

『Google』 自体が全ての要求を可能な限り完結する、
『ポータルサイト』(表現がイマイチ ですが)のようなことが思い浮かびます。

そうなった際に、AdWors とかの「広告」が、どのようになっていくのか、非常に楽しみです。

『サイト構造の最適化』が注目課題の自分としては、
広告含め、非常に興味がそそられる話題の一つです。

Introducing a new Rich Snippets format: Events

Google 新しいリッチスニペットを導入

話しはそれますが、
仮にGoogle 自体がショッピング とかも取り入れていくことになった場合、

日本からでも、Google を通して各国々への対応が可能となった内容で、
一般企業が参入できるようになって欲しい…。

というのも、実は個人的には「Amazon」 にもそれを期待しているところ…。

実際に日本以外で商品を販売しようとした際に、
まず一番の課題は、やはりその国々での「商法」関連など。

Amazon びいきの自分としては、結構真剣に期待したりしてます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

Chrome Time Machine

2012/09/05

Chrome 誕生日記念を祝う、Chrome Time Machine が公開されたそうです。 マウススクロールでグリグ

»

GoogleのみんビズがJimdoで登場

2011/09/14

今回の"みんビズ" については現状日本だけのようですが、スマートフォン用のサイト Mobilizeとは違い、 サイト作

»

Google eBooks が公開

2010/12/07

いよいよ(?)、Google からオンライン書籍サービスがローンチされました。 タイミング的にはどうっだったのだろう?

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください