2015年9月15日施行のGoogle ショッピング商品データフィードの変更点と送料の設定について

Sponsored Links

2015年9月15日に施行が予定されているGoogle ショッピング商品データフィードの変更点について、
利用している某カートASPなどからも通達があったりと、改めて今回の変更点を確認してみました。

Google Merchant Center

2015年9月15日の施行に合わせて変更が必要な商品

ちなみに、通達内容を一見するともしかしたら「全商品対象」と思ってしまう可能性を感じたので(?)、まずは変更・追加が必須の場合の確認から。

  1. ブランドのg:brand属性が「指定ブランド」の場合
  2. 状態のg:condition属性がnew(新品)の場合

指定ブランドはこちらからご確認ください。

現時点ではそれほど数は多くなく、該当する商品取扱店もある程度限られているように思います。
たぶん、Amazonのように同じ商品は可能な限り同じ品番で紐付けしておきたいのだと思いますし、利用者側も比較時にその方が便利になると思います。

変更が必要な場合の対処方法

上記に該当する場合、2015年9月15日Googleショッピングへの掲載を希望する場合はgtin属性とbrand属性のデータフィードへの記述が必須になります。

2015年9月15日以降の変更点

GTIN(国際取引商品番号)属性が必須
日本国内だと通常JANコード。
brand属性が必須
指定ブランド以外でこの属性を記述する場合は「靴」や「サングラス」などの品種の記載が基本。

参考:固有商品 ID

「指定ブランド」以外でJANコードがない場合の記述方法

販売数が少ないアパレル商品や独自に制作・販売を行っているオリジナリティのある製品など、独自のコードを自社内でJANコード代わりに発行している場合もあるかと思います。
以前、Google Merchant Centerのサポートへ問い合わせした際には、「JANコード」が無い場合、「空欄」のままで良いとのことでした。
現時点で自分もJANコードが存在しない商品については「空欄」にしていますが、フィードエラーも出ていない状態です。

Googleマーチャントセンター データフィードでJANコードが存在しない商品について

2016年2月1日から施行される「送料」の登録について

まだ猶予はありますが、2016年2月1日に予定されている「正確な送料を登録」が必須となる点については、
2015年9月30日に予定されているAdWordsでのプロモーションテキストの廃止(自動の広告表示オプションに移行)もありますので、可能な限り早めの対応をおすすめします。

Googleマーチャントセンター用のデータフィード作成時のご参考にどうぞ。
Googleショッピングの仕様とポリシー変更でのデータフィード作成方法
Googleショッピング データフィードの商品価格は税込表示が必要 – MovableTypeの消費税計算例

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

Google Domains ベータ

2014/08/18

GoogleのDNSが使えるドメイン登録サービスのGoogle Domainsの招待コードが届いたのですが、 ベータ版と

»

Google TV YouTube App を更新

2012/02/15

2010年前半からチラホラ見掛け始めたGoogle TVですが(もうそんな前だったんですね...)、Sonyからスタイリ

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA