AdWordsショッピング広告のデータフィードの商品アイテムの自動更新のGoogleマーチャントセンターでの設定方法

AdWordsのショッピング広告で利用するデータフィードで、その商品在庫数や価格の変更を通常のフィード更新作業とは別に自動更新を行える機能(設定)のGoogle Merchant Centerでの設定方法です。

2016/06/14のオフィシャルブログでは “本投稿は 2014 年 9/30 に投稿された英語記事の日本語訳です。” とあり、
現時点(2016/06/16)でも下記の図のように”現在、次の国の商品アイテムには、特定の警告に応じた自動更新は適用されません。”と表示されるため、設定はできますが今だ日本では未対応の様子。

Googleマーチャントセンターでの設定方法

現在、Googleマーチャントセンターでのアカウントは複数のサイトを登録(AdWords MCCのような)したマルチクライアント アカウントを使っているのですが、
親となるマルチクライアント アカウントで設定を行なうと、紐付いている子アカウント(サイト)の設定も一括で設定が可能です。

Googleマーチャントセンターで複数のサイトを登録する方法

「設定 > 商品アイテムの自動更新」より設定が行えます。

Googleマーチャントセンターでの商品アイテムの自動更新の設定方法

自動更新を行なう対象は、次の属性のから選ぶことができます。

  • ・価格のみ
  • ・在庫のみ
  • ・価格と在庫
Googleマーチャントセンターでの商品アイテムの自動更新の設定方法

親アカウントの自動更新の設定箇所では設定後もエラーメッセージは表示されませんでしたが、
小アカウントの自動更新設定箇所を見ると、”現在、次の国の商品アイテムには、特定の警告に応じた自動更新は適用されません。日本”と表示されていました。

Googleマーチャントセンターでの商品アイテムの自動更新の設定方法

気のなる自動更新の頻度とは?

通常のデータフィードの送信以外で更新されるその頻度はどのようになっているのか詳細を見てみましたが、どうやらサイトのクロール頻度に準ずるようで、具体的な更新頻度の説明は見つけられませんでした。

商品アイテムの自動更新は、時間どおりに更新作業を行うため、お客様の商品のランディング ページにどの程度の頻度でアクセスできるかに左右されます。Google Search Console を利用すると、お客様のウェブサイトを Google がクロールする速度を変更することができます。

また、自動高銀の設定を行っても通常のデータフィードの更新は必要です。

商品アイテムの自動更新は、データフィードや商品データの通常の更新作業の代替になるものではありません。商品アイテムのごく一部を対象に、価格や在庫の情報の正確性に関する問題を修正するためのものです。商品アイテムの自動更新ですべての商品アイテムに対応できるわけではないため、正確な商品データを定期的に Google ショッピングに送信していただく必要があることに変わりはありません。

商品アイテムの自動更新 – Google Merchant Center ヘルプ

価格や在庫の変動が早い商品についてはコンテンツ APIの使用を進められていますが、その更新頻度により利用してみたいですね。

2015年9月15日施行のGoogle ショッピング商品データフィードの変更点と送料の設定について

2015年9月15日に施行が予定されているGoogle ショッピング商品データフィードの変更点について、
利用している某カートASPなどからも通達があったりと、改めて今回の変更点を確認してみました。

Google Merchant Center

2015年9月15日の施行に合わせて変更が必要な商品

ちなみに、通達内容を一見するともしかしたら「全商品対象」と思ってしまう可能性を感じたので(?)、まずは変更・追加が必須の場合の確認から。

  1. ブランドのg:brand属性が「指定ブランド」の場合
  2. 状態のg:condition属性がnew(新品)の場合

指定ブランドはこちらからご確認ください。

現時点ではそれほど数は多くなく、該当する商品取扱店もある程度限られているように思います。
たぶん、Amazonのように同じ商品は可能な限り同じ品番で紐付けしておきたいのだと思いますし、利用者側も比較時にその方が便利になると思います。

変更が必要な場合の対処方法

上記に該当する場合、2015年9月15日Googleショッピングへの掲載を希望する場合はgtin属性とbrand属性のデータフィードへの記述が必須になります。

2015年9月15日以降の変更点

GTIN(国際取引商品番号)属性が必須
日本国内だと通常JANコード。
brand属性が必須
指定ブランド以外でこの属性を記述する場合は「靴」や「サングラス」などの品種の記載が基本。

参考:固有商品 ID

「指定ブランド」以外でJANコードがない場合の記述方法

販売数が少ないアパレル商品や独自に制作・販売を行っているオリジナリティのある製品など、独自のコードを自社内でJANコード代わりに発行している場合もあるかと思います。
以前、Google Merchant Centerのサポートへ問い合わせした際には、「JANコード」が無い場合、「空欄」のままで良いとのことでした。
現時点で自分もJANコードが存在しない商品については「空欄」にしていますが、フィードエラーも出ていない状態です。

Googleマーチャントセンター データフィードでJANコードが存在しない商品について

2016年2月1日から施行される「送料」の登録について

まだ猶予はありますが、2016年2月1日に予定されている「正確な送料を登録」が必須となる点については、
2015年9月30日に予定されているAdWordsでのプロモーションテキストの廃止(自動の広告表示オプションに移行)もありますので、可能な限り早めの対応をおすすめします。

Googleマーチャントセンター用のデータフィード作成時のご参考にどうぞ。
Googleショッピングの仕様とポリシー変更でのデータフィード作成方法
Googleショッピング データフィードの商品価格は税込表示が必要 – MovableTypeの消費税計算例

Google Shoppingでメーカー用データセンター、Manufacturer Centerを公開

Googleショッピングより、既存のマーチャントセンターへのデータフィード提出のように自社の商品データを管理・提供できる、メーカー向けのManufacturer Centerを公開しました。
Manufacturer Centerを使用することで商品製造・提供元であるメーカー側が直接、自社製品について正確な情報をGoogleに提供することができるようになるそうです。

Google Manufacturer Center

現状では米国のメーカーのみが対象のようで、登録フォームより申し込みが必要のようです。

販売店でも利用可能なGoogle Merchant Centerのデータフィードを、より正確な商品情報をユーザーに提供することと、Google側でもJANコードやGTINといった商品コードでのデータ統一に正確性を持たせられるといったところでしょうか。
また、メーカー用に専用のダッシュボードが用意されるようで、Googl検索上でのパフォーマンス向上へのヒントも提供されるとのことです。

商品データがより正確で統一化されることで、AdWordsの商品リスト広告(PLA)などもより精度が高くなっていくと嬉しいですよね。

Inside AdWords: Introducing Manufacturer Center – a tool to help brand manufacturers provide authoritative product information to online shoppers

Googleマーチャントセンター データフィードでJANコードが存在しない商品について

AdWordsのショッピング キャンペーンでも利用される。Googleマーチャントセンターのデータフィードの作成時参考となります。

「ファッション、アクセサリー > ファッション」とそれ以下のカテゴリに登録する場合、
ブランドbrandと国際取引商品番号(国内はJANコード)gtinもしくは製品番号mpnのどちらか1つを指定する必要があります。

※すべてのカテゴリではブランドbrand、国際取引商品番号gtin、製品番号mpnのうち少なくとも3つが必要。

その際に、オリジナル商品など国際取引商品番号(JANコード)が存在しない商品の場合、
ヘルプページにも記載があるようにidentifier_exists属性にFALSEを返す必要があるのですが、

この時、ブランドbrandと製品番号mpnを記載している場合、identifier_exists属性(gtin属性も必要なし)の記入がなくても大丈夫とのことでした。

また、availability属性での在庫ありin stock、在庫なしout of stockの表記もxmlで記述する際に、下記のように「_(アンダー)」の記述も必要なく、記述があるとエラーとなるようです。

1
2
<g:availability>in stock</g:availability>
<g:availability>out of stock</g:availability>

ブランドbrandと製品番号mpnだけでOKとのことですが、しかしながら可能であればすべての記述は行っておきたいですよね。

商品フィード仕様 – Google Merchant Center ヘルプ
https://support.google.com/merchants/answer/188494

Googleショッピング データフィードの商品価格は税込表示が必要 – MovableTypeの消費税計算例

そろそろAdWordsでの商品リスト広告(PLA)もショッピングキャンペーンへアップグレードが必須となってきますが、
消費税率が5%から8%に変わり、データフィードの価格って税込みなのか、本体価格のみでもOKなのかちょっと迷いつつ、ECでは本体価格表示のためそのまま税抜き価格を利用していました。

Google Merchant Center

しかしながら、ショップ上では税抜き表示であっても、実売価格(税込み)での表示がフィードデータでは必要のようで、Google ショッピングよりご指摘をいただきました(汗)

たぶん自分もなにかしら見落としがあったのだと思いますが、もしかしたら修正されていない方もいらっしゃるのではと思い、ご参考までに。
AdWordsでのアップグレード時期も関係しているのか、こまめにチェックをされているのはAdWords利用者としてもありがたい気もします。

該当のショップがMovableTypeであったため、そちらもあわせて参考までに。
※ASPとかもう対応してるのだろうか…。

1
2
3
4
5
6
7
8
<!--xml-->
<$mt:price setvar="tax_calc"$>
<!--mt:priceはカスタムフィールドの値-->
<mt:SetVar name="tax_calc" value="1.08" op="*">
<mt:SetVar name="tax_calc" value="0.5" op="+">
<!--tax_calcに0.5を足して、小数点以下を切り捨て-->
<mt:GetVar name="tax_calc" regex_replace="/(\d*)\.(\d*)/","$1" setvar="tax_include">
<$mt:GetVar name="tax_include"$>

参考:MTタグで「四捨五入」の計算をする | MovableType.jp