Google+ Pageと発行者サイトとの関連性を深めるバッジ

Sponsored Links

個人だとrel=”author” や「+」付きでのリンクなどがありましたが、Google+ Page を開設・運営しているサイト運営者(発行者)が、
独自ドメインサイトやブログなどから、自分のGoogle+上のページへ向けてリンクを張ったりする際に利用するバッジだそうです。

既存でもなんらかのアイコン を設置し、Google+ へリンクをしている方が多いと思いますが、
以下の記述を行うことで、自サイトとGoogle+ のページの関連性を深めることができるそうです。

Google+ ページとウェブサイトをリンクする方法

①Google+ アイコン をウェブサイトに追加する
アイコンを追加するには、まずコード スニペットを取得します。次にスニペットをサイトの HTML コードに貼り付けます。これだけで、Google+ ページとサイトがリンクされます。

②Google+ ページのプロフィールからウェブサイトにリンクする
たとえば製品紹介ページがある場合は、Google+ ページのプロフィールにそのページを追加できます。トップページや重要度の高いページへのリンクを設定するのが最適です。

その他、通常のリンクにrel=”publisher” を追加すれば良いそうです。
ただし、リンク先(Google+ ページ)URLについては、「https」になります。

1
2
<link rel="canonical" href="https://plus.google.com/[ページ ID]">
<link rel="publisher" href="https://plus.google.com/[yourpageID]" />

rel=”publisher” を追加することで、発行者としてのリッチスニペットへの対応にもなるみたいです。

また、上記のリンクなどで関連性を深めることで、Google+ Direct Connect で表示させることにもつながるそうで、以下の記述も必要のようです。

1
<link href="{plusPageUrl}" rel="publisher" />

自サイト上で、Google+ Badge という専用のバッジも利用可能で、現状ではまだ使えないそうですが、今後、下記のコードを使って簡単なFacebook プラグインのようなものも登場するみたいです。

Connect Your Site to Your Google+ Page – Google+ Platform — Google Developers
Google+ badgeのプラグインみたいなもの

1
2
<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>
<g:plus href="{plusPageUrl}" size="badge"></g:plus>

すでに、Google Plus のボタンでスクリプトを読み込んでいる場合は、そちらは必要ないようです。

HTML 5用は以下。

1
<div class="g-plus" data-href="{plusPageUrl}" data-size="badge"></div>

また、静的なバッジ であれば、 Link your Google+ page to your siteという専用のツールを使ってコードを作成してもらうこともできます。

ちなみに、上記のツールで自分のGoogle+ ページへのリンク設定する際に、「/posts」まで含むか、/posts前の固有の番号末尾の「/(スラッシュ)」を含まない状態でないと、リンク先が404 となります。

» Google+ ページ – ウェブマスター ツール ヘルプ
» Google+ Direct Connect – Google+ ヘルプ


2011.11.10
一部公開されてました。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

Google タイムラインツール

2009/11/09

先日公開されても、 ちょっとの間使えなくなっていたのですが、 本日、新たに公開となったみたいです。 “歴史も検索!?

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA