TwitterのPeriscopeがタイムライン上での自動再生に対応

Sponsored Links

Twitterが提供するアプリで、スマホからライブ映像をストリーミング配信できる Periscope。

Periscope

最近若干目にする機会も増えましたが、開始当初から全世界を対象とした作りで、各国各地の動画配信をたまに見てました。

楽曲やなにかしらの映像コンテンツを持っている方とか、YouTubeとはまたちがった手軽感で世界への配信が行え、あまりメジャーではない状態ですからちょっとチャンスかもしれませんね。

そのPeriscope ですが今まではTiwtter で配信をクリックされた後、Periscope へ移動していたのですが、今回、Twitter のタイムラインで動画の埋め込みが自動再生されるようになったそうです。

Twitter提供の動画配信系だと、Instagram のタイムラプスアプリ Instagram HyperlapseのようなVine もありますが、動画の長さや交流ができるというのが、基本的なPeriscopeとの違いでしょうか。

Facebookの動画投稿(投稿の仕方にもよりますが)やプロモーション広告などのように、タイムラインをスクロールしていくとそのまま動画(音声はストップ)が自動再生されます。

もうワンクリック(ラストワンクリック)のあるなしってやはり大きく、はじまりの絵面が面白そうだとついついスクロールやめて見ちゃいます。

また、Twitter が提供ということもあり、Periscope やVine はやはり親和性が高く、今回の変更でPeriscope のアカウントを持っていない人でもTiwtter のタイムライン上で映像配信を見ることができます。

今年はスマホからの映像配信など、より動画・生中継の活用が注目されると思いますが、Twitterがプラットフォームということもあり、利用者層としてティーンや20代前半などをより意識されるサービス提供者さんとか気になるサービスではないでしょうか。

Periscope もVine もTwitterアカウントがあれば利用可能です。

Kazunori Iguchi(@kazunoriiguchi)さん | Twitter
Kazunori Iguchi on Periscope
Kazunori Iguchi – Vine

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA