ケータイネイティブの過程

Sponsored Links

子供たちが支える今後の携帯コミュニケーション

現状でやはり一番のテーマとなっている、
「ケータイ(モバイル全般含む)」話題で、ちょっと興味深かったもので…。

携帯電話のスペシャリストとも言える子供達の間でコミュニケーションツールが浸透しきらないのはなぜなのか。
子供にとってよくない情報が流されているサイトや、学校でのいじめを引き起こす「裏サイト」。それらの問題が、大人の「携帯電話がひきおこす子ども達への悪影響」を恐れる心を大きくし、大人は子ども達が携帯電話に頼り過ぎないよう、必要以上にブロックをかける。

※「仲良しマイミク」も交換日記?

子供がいるわけではないので、とくにアレコレ言える立場ではないのかも知れませんが、
様々なケータイ向けツールが浸透していく上で、非常に重要な事柄かと。

若者世代ではないですが、インターネット関連の職種に携わっていない身近な人たちをみても、
ケータイの機能などはもろもろ使っていても、

Twitterにしろ、その他のツール的なものの浸透は、
まったくもって皆無に等しい…。
※PCもですが…

ただし、今の若年層にしてみると、
「mixi モバイル」などのコミニュケーションツールとして浸透しる分、
今までとはまた、その世代については違う拡がり方が出てくるのでしょうね…。

個人的には「ビッダーズ関連」のサイトが、
どのように付加を付けていくのかちょっと興味あります。
※Twitterとか、ケータイ用のアプリとかできたら流行ると思いますが…


ヤフー、フジテレビおよび日本テレビと「GyaO」への出資で合意
※気になります…

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください