hetemlのWordPress 2.9 への自動アップグレードで、MySQL4から バージョン5への移管

Sponsored Links

年の瀬も迫ってきたこともあり、
もろもろとたまったものを整理しようと思っていたところ、

heteml で使っている某ブログで、「WordPress 2.9 日本語版」が出ていたので、
ついでにアップグレードしておこうと、自動アップグレード を行ったところ、

MySQL バージョン 4.1.2 以上が必要とのことで、
現状のままでは自動で行うことができないようでした…。

WordPress 2.9 日本語版リリースのお知らせ

若干迷いもあったのですが、取り急ぎ手を付けてしまった(?)のもあり、
少し試してみました。

最初、「phpMyAdmin」にてエクスポート、アップロードを行って見たのですが、
なぜか「文字化け」らしいエラー が続出し、

「phpMyAdmin」でエクスポートして、「utf8」で更に上書き保存とかを行ったり、
該当箇所と思われるところを修正しても治らず、

試しに、
「SQL Buddy」でエクスポートした「export.sql」を「phpMyAdminにインポート てみたところ、
WordPress 2.9 へ、自動アップグレードできました。
※「hReview」がついてる!

========================================================
参考: Heteml(ヘテムル)のMySQLサーバー(データベース)障害対策
https://konohaotoshi.blog69.fc2.com/blog-entry-250.html

◎全ファイルのバックアップ

まずは、heteml 管理画面より。
①「SQL Buddy」での 【データベースのバックアップ方法】
1.SQL Buddyでログインする。
2.Languageのプルダウンメニューから、「日本語」を選択する。
3.左サイドメニューの「エクスポート」をクリックする。
4.データベース名表示エリアにinformation_schemaと既に作成されているデータベースが表示されているので、作成したデータベースのみを選択する(以下、SQLファイル1とする)。
5.オプションは、「完全挿入」を選択する。
6.出力先は、「テキストファイル」を選択する。
7.送信ボタンをクリックする。
8.しばらくすると画面上部に、ダウンロードボタンと「ファイルに書き込み成功ダウンロードNote」のメッセージが表示される。
9.ダウンロードボタンをクリックし、テキストファイルをローカルのハードディスクに保存する。

②「export.sql」ファイルの先頭の方の以下、2行をコメントアウト「– 」
— CREATE DATABASE `旧ーデータべス`;
— USE `旧ーデータべス名`;

③「phpMyAdmin」でインポート

④WordPress の「wp-config.php」を、新しいMySQL5の内容に変更して、アップロード


⑤WordPress 2.9 へ自動アップグレード
========================================================

これであっているかは自分では確認する術もないですが、
現状ではまずは大丈夫そうです。

P.S. このブログはXREA なんですが、自分のサーバー は「MySQL5.1.22」のようで、
そのまま自動アップグレード ができました。
この年の瀬に、ありがとうXREA。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

拡張現実で未来世界を描く

2010/08/25

個人的に、こういった近未来(?)を感じさせてくれるような映像には、 ちょっとグッときてしまいます。 今回の映像は、ある

»


投稿者:

「hetemlのWordPress 2.9 への自動アップグレードで、MySQL4から バージョン5への移管」への0件のフィードバック

  1. ピンバック: inkdesign

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください