電通と日本ユニシス、「空気が読めるコンピュータをつくろう」プロジェクト

Sponsored Links

電通 と日本ユニシス が、「common sense(物事の道理や判断判断)」を使った、
「適切な時に適切な知識や言葉を使える、人間のように空気の読めるコンピュータ」の実現を目指すプロジェクトを開始したそうです。

現状では、2つのゲームをリリースし、データの蓄積を図るそうで、
Twitter の発言から、その人の特性などを踏まえたつぶやきを生成してくれるそうです。

こういった、なんらかの行動データをもとにプッシュ型の提案を行ってくれるのって、
ちょっとした「未来」を感じさせてくれて、面白いですよね。

もろもろと賛否もあるのかも知れませんが、『自ら学習するコンピュータ』がちょっと楽しみです。

空気が読めるコンピュータをつくろう | JAPANESE OPEN MIND COMMON SENSE
空気が読めるコンピュータをつくろう

ナージャとなぞなぞ
ナージャとなぞなぞ

Poi bot
Poi bot

電通など、「空気が読めるコンピュータ」実現に向けたプロジェクトを開始 – CNET Japan

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

「jp」ドメインの販促…?

2009/09/14

たまたま見ていたサイトに、広告が掲載されてました。 “総統の夢.jp” 「jp」ドメインの宣伝(?)でしょうか。

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください