Chrome拡張機能 “Page Speed”

Sponsored Links

Chrome の拡張機能で、Speed Tracer というものが以前からありましたが、
FirefoxのアドオンのFirebug で提供されていたPage Speed が、40ヶ国語対応で試験運用版としてChrome エクステンションとして使えるようになったようです。

Official Google Webmaster Central Blog: Page Speed for Chrome, and in 40 languages!

最近、表示速度については体験速度としてけっこう重要課題なので、さっそく使ってみました。

以下、設定の簡単な説明。

  1. Chrome でabout:flags を開く。
  2. 「試験運用版の拡張機能 API」を有効にする。
    ※要ブラウザ再起動(最下段にボタンあります)
  3. Page Speed をダウンロード
    “After enabling Experimental Extension APIs and restarting your browser, click here to install Page Speed for Chrome.
  4. Choromeの設定(レンチマーク)→ ツール→ デベロッパーツール(要素を検証)
  5. 計測したいページで「Run Page Speed」をクリック。結果は日本語対応。
  6. アンインストールは他の拡張機能と同じでchrome://extensions から。

改善点の優先度が高い順に、「赤」、「緑」、「黄色」で表示されます。
ちなみにアレですけど、Firefox用よりも、「Page Speed Score」の採点が辛くなったような。。

細かいことでもなんとやらで、少しづつでも改善をと。

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

拡張現実で未来世界を描く

2010/08/25

個人的に、こういった近未来(?)を感じさせてくれるような映像には、 ちょっとグッときてしまいます。 今回の映像は、ある

»

Google タイムラインツール

2009/11/09

先日公開されても、 ちょっとの間使えなくなっていたのですが、 本日、新たに公開となったみたいです。 “歴史も検索!?

»

Google Commerce Search

2009/11/07

“Google Commerce Search” Google チェックアウトって、 実際に日本で使えるようになった

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください