「Windows Update」で「再起動」を行った後、「フェーズ3/3 0%完了」で再起動を繰り返す症状についての対応について

Sponsored Links

わりと以前からですが、「Windows Update」を行った後、
「再起動」を行うと『フェーズ3/3 完了』が繰り返され、正常に起動しない状態が続き、

何度か(何十回か)再起動が繰り返され、正常に起動することがあったり、
「セーフモード」で復元ポイントまで戻り、再度「Windows Update」を行い、『フェーズ3/3 完了』を何度か繰り返すと正常に起動したりと、

だましだまし使っていはいたのですが、
昨日、またしてもそういった症状になり、何度か繰り返した後に正常(?)に起動となりました。
※個人的には「リカバリ」も… と思っていたのですが

すこし、関連・対策記事なども探したのですが、
参考になるものが見当たらず、そういった方も中にはいるのかな?と思い、

今回、Microsoft に問い合わせを行ってみたところ、ご返答頂いた内容をご紹介させて頂きます。
※昨夜深夜の問い合わせでしたが、さっそくご回答頂けてびっくりしました。

とりあえず昨日のアップデート は完了しているので、
『対処方法 1. DLL ファイルの登録』のみ行い、今後の様子を見てみたいと思います。

[ OS ]
Windows Vista Business
Service Pack 2

【 正常起動を御約束するものではありませんので、ご参考までに 】

———————————————————-
目次
■ 対処方法 1. DLL ファイルの登録
■ 対処方法 2. 最新版の Windows Update Agent 3.0 を再インストールする
■ 対処方法 3. “SoftwareDistribution” フォルダーを作り直す
■上記の対処後も現象が発生する場場合
———————————————————-
※方法 1 から順に実施してください。現象が回避した場合は、残りの作業は実施していただく必要はございません。

=============================================
■ 対処方法 1. DLL ファイルの登録
=============================================
Windows Update に必要なファイルを再登録します。
1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] – [アクセサリ] の順にクリックします。

2. [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックで実行します。
※ [ユーザー アカウント制御] 画面が表示された場合は、[続行] をクリックしてください。

3. 以下の 12 のコマンドをコピーします。 (REGSVR32 WUPS2.DLL から exit まで)

REGSVR32 WUPS2.DLL
REGSVR32 WUPS.DLL
REGSVR32 WUAUENG.DLL
REGSVR32 WUAPI.DLL
REGSVR32 WUCLTUX.DLL
REGSVR32 WUWEBV.DLL
REGSVR32 JSCRIPT.DLL
REGSVR32 MSXML3.DLL
REGSVR32 BITSPRX2.DLL
REGSVR32 BITSPRX3.DLL
REGSVR32 QMGRPRXY.DLL
exit

4. [コマンド プロンプト] 画面上で右クリックし、[貼り付け] をクリックします。

5. コマンドが読み込まれます。

6. exit が表示されましたら、Enter キーを押します。

7. コンピューターを再起動します。

再起動後、Windows Update で現象が改善するかご確認をお願いいたします。
改善されない場合は、次の作業を行ってください。

===========================================================
■ 対処方法2. 最新版の Windows Update Agent 3.0 を再インストールする
===========================================================

Windows Update を行う際に必要な更新プログラムを検出する Windows Update Agent が破損している可能性があります。
下記手順にて、Windows Update Agent 3.0 の再インストールをご実施ください。

1. 下記の URL をクリックします。

2. [詳細] 欄にある、[WindowsUpdateAgent30-x86.exe パッケージ] のリンクをクリックします。
 
3. [ファイルのダウンロード] 画面が表示されましたら、[保存] ボタンをクリックします。
 
4. [名前をつけて保存] が表示されましたら、以下の設定を行い [保存] をクリックします。

保存する場所 : ローカルディスク (C:)(マイ コンピュータ内のローカルディスク C: を選択してください。)
※ ダウンロード先は本来どこでもかまいませんが、下記の手順をそのまま実行するために、差し支えなければ “ローカルディスク (C:)” 直下に保存してください。
 
5. ダウンロードの完了後、[スタート] ボタンをクリックします。
 
6. 直上の [検索の開始] 欄に以下の文字をコピーして貼り付け、[Enter] キーを押します。

c:\WindowsUpdateAgent30-x86.exe /wuforce
※ 直接入力していただく場合は、「/wuforce」の前に半角スペースが入りますのでご注意ください。

※ [ユーザー アカウント制御] 画面が表示された場合は、[はい] をクリックしてください。

7. [開いているファイル – セキュリティの警告] 画面が表示された場合 [実行] をクリックします。
 
8. [Windows Update エージェント インストーラ] 画面が表示されましたら、[次へ] ボタンをクリックします。
 
9. [使用許諾契約書] 画面をご確認いただき、[同意します] にチェックを入れて、[次へ] ボタンをクリックします。
 
10. [インストール完了] 画面が表示されましたら、[完了] ボタンをクリックします。

上記対処方法の実行後、Windows Update を行っていただき、正常にインストールが行われるかご確認ください。
※ なお、保存した “WindowsUpdateAgent30-x86.exe” ファイルはインストール完了後に削除いただいても問題ございません。

===========================================
■ 対処方法 3. “SoftwareDistribution” フォルダーを作り直す
===========================================
Windows Update が作業中に使用しているフォルダー、もしくはファイルが破損している可能性が考えられます。
————————————【事前にお読みください】—————————————-
以下の操作を行うことで、Windows Update のインストール履歴が一旦全て消去されます。
過去のインストール履歴を印刷する場合は以下のサポート情報をご参照ください。
なお、保存しない場合でもトラブルが生じるといったことはございませんので、不要であればそのまま作業にお進みください。
[参考資料]
タイトル: Windows Update サイトから更新プログラムのインストール履歴を印刷する方法

———————————————————————————————–
以下の手順でこれらの再構築を行い、Windows Update が正常に完了するかご確認をお願いします。
1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] 欄に以下の文字をコピーして貼り付け、Enter キーを押します。
services.msc
※ [ユーザー アカウント制御] 画面が表示された場合は、[続行] をクリックしてください。

2. [サービス] 画面が開きますので、[Windows Update] を右クリックし [停止] をクリックします。

3. [スタート] をクリックし、[検索の開始] 欄に以下の文字をコピーして貼り付け、Enter キーを押します。
%systemroot%
※ 「ファイルは表示されていません」 と表示されている場合は、[このフォルダーの内容を表示する] をクリックしてください。

4. “SoftwareDistribution” フォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

5. 名前を “SoftwareDistributionold” に変更します。
※ 元の名前が消えてしまった場合は、名前を確定する前であればキーボードの Esc キーを押すことで変更をキャンセルできます。
※ 「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました」 が出てくると、「実行」 をクリックします。

6. “SoftwareDistributionold” に変更されましたら、[WINDOWS] フォルダーは右上の×ボタンで閉じます。

7. また [サービス] 画面が開きますので、[Windows Update] を右クリックし [開始] をクリックします。

8. [コンピューターの管理] 画面は右上の×ボタンで閉じます。

上記の作業が完了いたしましたら、Windows Update を行い、現象が改善されるかご確認をお願いいたします。

===========================================================

また、上記でも改善が見られない場合、
更に問い合わせを行って、何かしらの改善策を仰ぐこともできるそうです。

【 マイクロソフト サポートオンライン 】
マイクロソフト ヘルプとサポート

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

東京IT新聞。

2009/03/09

本日より購読させて頂くことに。 一見、サイズも中身も見易くて、参考になりそうです。 法人(?)だと、無料ということでせ

»

トップページ。

2008/06/10

現在リニューアル制作中のサイトトップページ。 もろもろと組みたてられてきたので軽く社長に確認。 以前から使ってみた

»

グッときたもの。

2008/08/08

拙い知識しかない上に、経験値もあまりないので、 Web系の目新しいものを見ると、大抵の事にグッとくるのだが、

»

自己表現…。

2008/01/27

前職では、 定期的に人前で話す機会が多く、 それ相応に行ってきた。 とある『イベント』に参加させていた

»

「Kumo」でなくて「Bing」。

2009/05/29

Microsoftはの新検索エンジンが、「Kumo」でなくて「Bing」になったんですね。 ※たしかに、なにかの記事にあ

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください