いよいよ登場、Appleのモバイル広告プラットホームiAd – 気になる今後の相関図

Sponsored Links

いよいよかねてから噂されていた、Apple のモバイル(iPhone)広告プラットフォーム「iAd」が発表されたようです。

詳細についてはまだ分かりませんが、概略を掻い摘むだけでも、iPhone伸び率、または今後日本でも登場してくるiPad の普及率を予想すると、
興味を惹かれずにはいられません。

実際の開発については、どのような方々が参入されるのかは分かりませんが、
現状では、かなり間口は広くなるようです。

出稿の方法など、気になることは多々ありますが、使用については、やはりきました『HTML 5』。
使用詳細について発表があれば、ちょっと調べてみたいものです。

基本的にアプリ上で表示される広告のようですが、基本やはりApple。
動作としてのインタラクティブ性もですが、「感情面」に訴えかけるような表現が可能になっていくようです。

想定される「場所」が違うので、あまり比較にはならないかも知れませんが、
やはり今後、広告分野での「クリエイティブ性」も、一つの要素となって見直されることになると思います。

今回のApple の広告参入を機に、今後の『相関関係』がどのようになっていくのか、
非常に注目です。

Appleのモバイル広告プラットホームiAd
via: Live Blog: Apple’s iPhone OS 4.0 announcement

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

RSS は今後?

2010/02/15

ちょっと経ちますが、「Google Chrome」をメインでブラウジング に使うようになり、 『RSS』が通常の状態で

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください