AdWords で、ブラウザのローカル ストレージへの保存が可能に

Sponsored Links

先日発表があった、AdWords の「ブラウザのローカル ストレージ」へのデータ保存ですが、
本日より自分のアカウントでも使用可能となり、さっそく使ってみました。

通常の企業用アカウント と、個人のMCC(クライアントセンター) アカウント両方でログインしてみましたが、
企業用アカウント で使用設定を行っていると、MCC 経由でもローカルデータ の使用が自動で行われるようになりました。

「Google Chrome」を使っているので、そのまま特にプラグインとかのインストールは必要ありませんでしたが、
「Google Gears」を使っているようです。

実際の使用感は、「キャンペーン」や「広告グループ」の閲覧、並び替えなどはかなりサクサク いきます。
※その他のタブ カテゴリー(レポートとか)への遷移はあまり変わらず(当たり前か…)

せっかちな自分としては、大変ありがたいです。

ちなみに、日頃の管理については、その利便性からほぼ「アドワーズ エディター」を使用して行っていおり、
出来れば「Yahoo!リスティング広告」も、それっぽいエディター を作って欲しいところです。
※先日、正式名称の発表がありましたが、もっと短い呼び方とかないでしょうかね…

「キーワード」によって違いもあるかと思いますが、国内でのリーチ については、やはり「Yahoo!リスティング広告」多め。
何かしらの機能追加を望んでやみません。

ブラウザのローカル ストレージ – アドワーズ 広告 ヘルプ

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

YouTube プロモート動画

2009/10/26

“YouTube プロモート動画 利用開始のお知らせ” ※宣伝の動画もなかなか… 「Yahoo!」、「Google」

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください