競合との比較ができるAdWordsの「競合状況の分析」

Sponsored Links

少し前に見かけてあまりよく見ていませんでしたが、AdWords の「最適化」タブにある、「競合状況の分析」が検索ネットワークのみ対象ですがちょっと便利。

取り扱いサービス、品種などなど、なかなか一概に比較することは出来ないかも知れませんが、
ある特定のカテゴリの中で、現状、アカウントの実勢がどの程度かということを、ざっくりでも確認できるのはちょっと良いのかなぁと。

AdWordsの「競合状況の分析」

Google のアルゴリズムがテーマを識別し、自分が掲載しているAdWords のカテゴリ分けがされ、
直近(過去2週間)での自分自身の実績の、競合との比較ができるというもののようです。
※ちなみにデータは週1回更新。

フィルタ をかけることもできますが、現状では「すべての国」と「日本」のみ。

表示されたカテゴリーをドリルダウン(クリック)していくと、
既に登録しているキーワードとその候補の「表示回数」、「平均 CPC」などが表示されます。

また、キーワードの認識されているカテゴリの確認も。

カテゴリが適切ではないと思う場合は、除外キーワードを追加するか、既存のキーワード リストを見直して、関連性の低い検索に対して広告が表示されないようにすることを検討してください。

もっと有効な使い方があるのかも知れませんが、相対的なざっくりとした実績の状態と、キーワードの候補の詳細、
※あとは自分でみて「がんばっている!」とか「もっとがんばろう!」とかのモチベーションとか。(意味が..)

新しく追加された、最適化タブ内での「AdWords キャンペーン エクスペリメント」を使ってさらにテストをといった感じなんでしょうか。

いろいろと機能追加がありますが、少しでも納得できる使い方ができるよう、日々… といった感じです。

【アドワーズ 広告 ヘルプ】

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Links

Sponsored Links

Related Post

Google Domains ベータ

2014/08/18

GoogleのDNSが使えるドメイン登録サービスのGoogle Domainsの招待コードが届いたのですが、 ベータ版と

»


投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください